2018年12月16日 (日)

日本の犯罪者更生への道で根本的欠陥

 神戸の少年A(「さかきばらせいと」と名乗っていましたよね)が出所後に被害者家族の反対を押し切って手記を出版しましたね。これって、本質的に反省ができていなかったことになると思いました。
 出所後の再犯率が高いのには、受け入れ体勢や世間の意識等の問題もあるのですが・・。元マラソン選手の万引き再犯とかもですよね。東名高速のあおり運転による犯人も今の日本の犯罪矯正システムでは少年Aと同じようになってしまいそうに思うのです。
 永山則夫でしたか、自力で自己分析ができて真の意味で反省ができた死刑囚だったと感じています。その後、永山則夫みたいに更生できた人が少ないというのは刑務所の更生システムに問題があっても、改善の人員や予算をつけずに効率性のみを追求してきて、結局、回り回って収容人員超過、更生率の低下などで高くついていますよね。
 単に反省文を書かせたりしているみたいだからかな。
 成人ではないですが、非行少年の更生に尽力されていた谷昌恒氏の「ひとむれ」という本を読んで感じたことは非行少年の多くは「認められる」(親とかで、ヤクザの親分とかではないですよ)と「他の人に役に立っている」(扱き使われてとかとは全く違いますよ。)とかを感じることがなかったか少なかったのではということです。これらは反省文を書くだけでは得られないですよね。
 また、少年Aは生育期に愛情に飢えていたというのもあるみたいことをある書物で読みました。この場合は「親の愛」のようですが・・。アル中も親の愛の問題があるのですよね。
 「愛する」というのはどうも学習でできるようになるのだと思い出すようになってきました。私も下手です。どのくらいの人が満ち足りた愛の中で成長しているのかは解らないです。結構、ブラック企業やブラック部活や議員の言動や体罰教師やセクハラ官僚や冤罪を気にしない面々とかが多い日本ですから、少ないのでしょうね。
 ですから、多くの受刑者にとって刑務所が単に年期を終える場所になってしまったのと世間の偏見とかですよね。思い込みで判断している方がいろいろ観察して考えて判断するより楽ですからね。
この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

| | コメント (0)

2018年12月 2日 (日)

異質なものを排除する日本かな。

 日本のご近所に単一思想を国家の基本方針にしている国がありますが・・。
 単一思想を国家として掲げていない日本も異質なものを排除することにかけては相当なものだと思います。
 同質者ばかりになる発想の多様性がなくなってきて社会の発展が止まってしまうのですけどね。
 発展途上ではソ連も改革開放前の大躍進の少し前までの中国も発展しましたとね。問題はある程度発展してからになるのですよね。
 ソ連も中国も大停滞だったですよね。ロシアはソ連崩壊後、どうだったのかな。中国は改革開放後の経済的発展は著しいですが、・・。
 日本はロシアや中国みたいな締め付けが一見ではないようなのですが、「メダカ社会」ですね。横並び礼賛社会であり、出た杭が打たれる社会ですね。
 ブラック部活等に代表される集団主義も異質なものを排除していますよね。当然、企業や業界団体等もね。さすがに企業創業者はなかなか排除されませんが、雇われ経営者はどうなのかな。
 織田信長は日本の武将の中では異質ですよね。で、さらに「独裁的」でしたよね。それで、貧乏くじを引いた明智光秀によって排除されたのかな。後醍醐天皇は足利尊氏にね。後醍醐天皇は「天皇独裁」を考えていたとか。
 ブラック校則もこのような発想で制定されているから、実施結果なんて、どのような成果があったなんて関係なくて「文句をいわずに従っているか」だけですよ。服従のみね。そこには、生徒のよい意味での発想を潰すことに対して何とも思っていないのですよ。従えばよいのですからね。
 幼少期から、異質なもの排除の訓練を受けてきている日本かな。
この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

| | コメント (0)

2018年10月 7日 (日)

過去の遺物を追い求めて未来が逃げていっている感じかな。

過去の遺物を追い求めて未来が逃げていっている感じかな。

 生前退位に伴う元号の発表ですが、政府は当初、今の時期には発表済みにしたかったようでしたね。それが皇位継承後になってしまいましたね。元号法制化とか要請した勢力が平成開眼の時と動揺が伝統だとかで圧力をかけたのではとね。
 ところでいろいろなところで元号の影が薄くなってきていますよね。政府当初案はこれを食い止めようという意図があったと思うのです。現在の世情等を配慮せず、単なる思い込みでかな。今、観光地化した神社には多くの人が訪れていますが、そうでないところの多くで氏子の減少に悩んでいますよね。
 また、靖国神社は氏子はいないということです。遺族会からの会費が主な収入らしいですが、この会員の減少が悩みの種だとあるサイトの報道でしりました。そこには「天皇の参拝」に期待しているというのがあったように記憶していますが、天皇陛下は参拝しないでしょうね。司馬遼太郎氏の『雑談 「昭和」への道』でもありましたが、先の大戦で日本を潰した、天皇陛下の名を使った戦争を始めた面々が、合祀されてしまったことで陛下の参拝がなくなったというのですよ。これも、当時の・・の要求に負けて合祀したのかな。それが尾を引いているのにね。
 先の大戦までの日本の行状、特に軍部の行状についての検証をしない日本ですよね。当時、大学やいろいろ物(建造物や鉄道など)の投資はしても民族としては否定してきた過去(された方は1000年経っても忘れないでしょうね)に目をつぶっている、目をそらしている現政権も同類かな。すべて、我が民族に負の遺産として跳ね返った来るということを理解していないということでね。ということで、未来への展望がでないのですよ。だから、過去にしがみついておきたいのかな。O氏のY市長もね。ということは維新の会もかな。
 過去の負の部分を忘れようとしたり、書き換えようとすることは「伝統」として過去のことにしがみついてジリ貧になってゆくのですよ。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

| | コメント (0)

2018年9月16日 (日)

地震対策無視の付けを押しつけられた北海道電力

 北海道地震で被災された方にお見舞い申し上げます。
 ところで、北海道全域が停電してしまいましたね。苫東の発電所の能力が北海道全体の半分以上になっていたのかな。この原因は泊原子力発電所が運転停止状態にあるからではと思うのです。
 あの地震で福島原発事故があって、定時運転終了時に停止状態になってしまいましたよね。で、この短期間に発電能力増強は苫東でおこなう他はなかったのではと思うのです。で、この最大発電所が地震被害に遭ってしまったということかな。
 東京電力の無作為の被害の一つかなと思うのです。あの地震の前に貞観地震(東日本震災クラス)等の指摘があったりしたのにたかだか150年程度の観測データに固執していたというのは帝国陸軍以来の頭の硬さですね。あのとき、非常電源が山側に設置されていた福島第二は無事だったのですよ。原子炉本体等はどちらも地震時は無事だったのですよ。電力が途絶えたことによる事故です。
 東京電力が指摘されても無視したということが今回の停電に繋がったと思っています。火力発電所でも新設には何年も必要と思います。電力自由化で火力発電所を新設しているところもありますが,手間取っているようですね。一旦、増設した発電機を数年で廃棄や移転するような電力会社ってありますか。減価償却で価値がなくなるまで使うのが普通かな。苫東は最大消費も近いしね。
 北海道の電力需要は東京電力の八分の一ぐらいのようです。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

| | コメント (0)

2018年9月 9日 (日)

選手の体を壊すような指導をして平気な指導者が多い日本かな

 ですから、はっきり言って「己のために選手を潰しても平気である」かな。これは日本の伝統かも。太平洋戦争への道は軍部の思い込みに日本が引きずられたのですよね。固定観念の居心地の良さに負けた軍部のね。
 体操協会の本部長は女子選手の体型維持について「減食」等で指導して多様ですね。ご自身はぶくぶくなのね。あの激しい運動では簡単に疲労骨折等が起こりますよね。拒食症になった選手もいたとか。妊娠もできなくなる恐れがあるのにね。
 科学的知見を調べようともしないところはあの軍部と同様かな。過去の栄光にのみ埋没してですよ。どうして、日本はこんなのが多いのかな。あの体育会系思考法かな.先輩等にされたパワハラがいつの間にか美化して記憶に残ってしまったのでしょうね。
 これは幼少期から指導と称して子供を食い物にしてきている日本かな。
 スポーツを含めて指導とかはその分野での優秀だった者よりは外部の意見もよく聞き、苦労してきた者の方がよい場合がやたらと多いと思うのですけどね。選手の優秀さと指導の優秀さは別物ですよ。また、運営の優秀さも別物ですよ。
 某生命保険が資金を出したところから、優秀な選手が出たのは他のところの設備よりよかったのとかで多くの選手が集まったからでブクブクの本部長の指導力ではないと考えています。体育会系の年配者は引退してください。企業経営でもね。日本が潰れる前にお願いします。
 ところで、大坂なおみさんはアメリカ在住のあちらのコーチのようですね。錦織圭さんもね。スポーツは根性ではなくサイエンスで好成績や向上とともに根性も養成されますよ。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

| | コメント (0)

2018年9月 2日 (日)

まともな想像力を

 先月末、岐阜県のある病院でエアコン故障によって高齢の患者さんが5名なくなりましたね。これ、並みの想像力があれば、行動力があれば救えた命と思うのです。故障は仕方がないと思いますが、事後対応がなっていなかったですね。
 高齢になるほど、体温は低下しやすいですね。これで、熱中症への許容範囲が小さくかな。COPDとかと院長が言っていましたので重篤であるのでしたら、なおさら緊急性を考える必要があるのにね。ベッドに寝た状態でクーラーなしはより熱中症になりやすいと考えられるのですけどね。体の半分がベッドによって放熱できない状態ですよね。
 最上階は天井からの熱気のものすごいですよね。病院の構造は普通、空調前提で風通しも悪いしね。それで、指摘されて扇風機というのは開いた口がふさがらない感じですね。今年の災害級の気温状態に対す認識が全くなかったのでしょうね。
 手を尽くせば、レンタルの床置きクーラー(室外機の場所が必要ですが)と電源という組み合わせも考えられたと思うのですけどね。ニュースで死亡後に小さな冷風機を入れるというのはありましたが。窓用エアコンもあるのにね。エアコンの使えている階にに迅速に移動させていけば問題が出なかったのに・・。非常時の一時的でしたら、病室の定員無視は許されると思うのですけどね。
 体操連盟の方は、合同練習といくつかのクラブがあるとかの方が日本の体操界の向上に役立つと思うのに「丸抱え」かな。これ、ワンパターン発想になってしまう恐れもあると思うのにね。適切な競争がある方がよいと思いますが。欧米では選手がコーチ等を選ぶと聞いたことがあります。選手ファーストになっているとね。日本は未だに団体ファースト、学校ファースト等で成長しているはずの生徒や選手のことを考えていないですよね。 
 高校野球で優勝校の投手がプロでほとんど活躍していないというのです。原因は酷使ですよ。若くても酷使はよくないのにさせているという現状ね。今年の災害球の高温もありますので、まともな想像力を働かせて、日程の再考を願いたいですね。他の学校スポーツでもね。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

| | コメント (0)

2018年7月29日 (日)

有害な根性論

 今年の酷暑はすごいですね。私の体温より高いところがぞろぞろですからね。体温の平均は37度です。乳幼児は体温高めとかいっても大人みたいな体温調節能力はないのです。
 大人が体温を管理して調節ですよね。乳幼児の調節能力の範囲内に環境を整えてやる必要があるのです。
 愛知県で小学一年生が校外学習後に熱中症で亡くなりました。ご冥福をお祈りします。
 私の感覚では異様に暑い日が続いているさなかですよ。体温37度の私もエアコンのお世話になっています。この酷暑でも小中学校にクーラー不要とかいう輩がいるのですね。
 昔の木造と違って鉄筋コンクリートは校舎に熱がこもって温蔵庫ですよね。簡単に40度とかにかな。そこに発汗能力がまだできあがってない小学生とかにというのは熱中症になりなさいというようなものですよね。
 根性論の前の問題なのにね。根性論といえば、高校野球で夏の大会の決勝近くになると連戦連勝でしたよね。「若いから回復が早い」とかいう無茶を高野連も言っていたような気がします。結果は日程の詰まっている方が大抵負けていたはずです。これも検証なしの根性論の一つかな。
 「若い頃に耐えてきたから」と同様の苦行を押しつけるのもね。
 何事も上手になっていくと根性が出てくるというか、より上手になりたいとね。根性の方が後ですよ。根性が出てくるぐらいに上手にさせるのが指導者の役目と考えています。 
 熱中症の方は根性なんていっていたら死んでしまいかねない現状をおじんは判っていないのかな。
 お役人や議員は今年の夏中冷房のない学校で仕事をされることを要求します。即刻にね。それも最上階や風通しの悪い南向きの教室とか暑そうなところを選んでね。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

| | コメント (0)

2018年7月15日 (日)

「バカの壁」を読まれたことがありますか。

 私はこの本を読んで「日頃の想定範囲しか考えることができない」とう壁のことかなと思ったりもしました。コンピューターは基本アルゴリズムの範囲内では非常に効率がよいですが、そうでないことにはめちゃ弱いはずですよね。AIといわれる部分もね。そべて、制作者の想定範囲ですよね。学習するといっても人間の示した範囲とかですよね。
 で、人間はこのような日常の範囲の延長線上に普通は生活していますが、乗り越えることもできますが。ブラック関係は乗り越えることができないから、ブラック企業であり、ブラック部活であったりするのですよね。
 これらは至近な解答を求めていると思うのです。手近なね。それも「用意されている」と思い込んでいることをね。現実社会はチョイチョイ「想定外」に見舞われていますよね。
 日常に安住している思考が「想定外」を増やしたしていると思うのです。日常のパターン生活が普通はストレスが少なくなりますよね。なにもかも正解が用意されていると思える方がね。
 でも、現実は正解なんてないことが非常に多いですよね。正解とは各自が見つけ出すことですよね。でもね、それが人生において正解だったかどうかは死後になってから判る場合もありますけど。
 日常の常識等を常に疑いも持っているということでも「壁」は低くなると思います。日常の範囲から少しはみ出た分野等にも関心を持ってみるというのも「壁」は低くなると思うのです。
 でもね、調査能力とかはある程度練習で向上すると思うのでです。今はネット検索で役に立つ事柄からガゼネタ、詐欺サイト、フェイクニュースサイト等いろいろあるので、真偽を見分ける力をつけましょうね。
 私はAIを含めてコンピューターがかかわるのは制作者とデータ提供元等の意向に準拠していると考えています。鵜呑みにしないようにね。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

| | コメント (0)

2018年7月 8日 (日)

ブラック企業の源泉? 教育について

 ブラック企業とは労働に対する報酬や福利厚生、休日等で見劣りというか従業員を搾取しているみたいなところですよね。ところで、学校教育というか日本の教育等のは勉強時間等に対しての能率が悪いと思うのです。
 部活もブラック部活といわれるようなところがゴチャマンとありますね。学力低下に対して教材の増加で対応しようとしていますよね。
 その昔、大学入試で「共通一次テスト」が導入されましたが、テストの活用法がブラックでしたよね。どうブラック化というと「到達度ではなく、単なる競争試験としての利用」にしてしまいましたよね。競争試験とは競争相手より1点でも多ければよいのですから、到達度なんて関係なく、記憶主体に走りよった感じがします。
 「覚える」だけに集中したようにね。活用ができない。DVDに記録された記憶ですよ。面白くもなく、教えられたとおりにとね。ですから、読めば判るようにしても「範囲外」とかうるさくなってきましたよね。何も考えずに労働に勤しむ、ブラックね。その上、服装や生活上のくだらない制限とかね。
 勉強をさせるという前提ですよ。自発的に勉強をするようにではなく、強制労働ね。マララさんは「教育は権利」といっていますよ。憲法の義務教育の義務は国および地方公共団体と親にですよ。そして、皆でサボれば怖くない式でブラック部活(練習の効率等を考えていない)の延長線上にだらだらで能率なんて考えていない経営者が蔓延ってきたのかな。で、同じようなブラック人材を増やしていってブラック企業?
 日大のアメフトのあのようなことをさせるのもブラックですよね。運動部の後輩いじめもあったりしていたのもブラックそのものですよね。帝国陸軍の新兵いじめもね。
 教育では「覚えた」というのではなく、何ができるようになったとかの方に重点を置いてこなかった成果かな。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

| | コメント (0)

2018年7月 1日 (日)

ブラック企業の源流?

 ブラック企業としましたが、皆と違うということに危機感を持つバカどものことかな。何も考えずにまねというか隣ばかりを気にして同じようにしていたら際限のない競争になっていくのではとね。
 ブラック部活もあの学校の練習が・・だから、勝つにはそれを上回る練習をとかですよね。欧米等では早い段階から「スポーツはサイエンスである」になっていっていましたが、日本では遅れましたよね。練習量に拘っていたような感じね。
 勉強でも長時間の方がとかですが、効率とかを無視しての長時間勉強、動機付けのない強制勉強、とかとか。児童生徒はふぬけになりますよね。部活も勉強も強制的で休みなしの延々ですと・・。
 どちらもいわれたことを鵜呑みにするようなことをしていますよね。ですから、学校部活を離れたところからの方が優秀な人材が多めに出てきている感じですよね。将棋の藤井七段は学校教育とは関係がないというか棋戦への出場を配慮してもらっている方かな。
 サッカーもJリーグが開始されてからの方が優秀な選手が多く出ていますよね。農業は長いこと共同作業があって水田とかを維持できたのですよね。皆と同じようにすることによって病虫害が分散できたりとかもあって、江戸時代からの隣組の絡みとかで周りを気にして、出る杭は打たれていたしね。
 で、何も考えずに長時間労働を経営者はよいと信じ込んでいるのかな。イノベーションなんて出てきませんよ。個々の企業や地域等の強みなんて考えつかないからブラック化するのでしょうね。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧