2017年8月27日 (日)

ブラック部活

 最近、東洋経済オンラインにでていた「お勧め記事」の一つに「ブラック部活」というのがありました。部活についてはかつて「非行防止部活」なるのを投稿したような気がしていますけど、メルマガで1600回になるので記憶に残っていないです。
 「非行防止部活」とは、朝練、普通の部活、延長、当然土日もね。朝から晩まで月月火水木金金で部活させていたら疲れて非行もしないだろうということですよ。特に中学校では「内申書重視」もあって拘束力が強いですからね。あくまでも「拘束」が目的で、本来の部活は一部の生徒に限ってかな。このような部活の延長線上では「長時間拘束」は当たり前で効果は二の次ですよね。効果なんて必要ないかもね。だから、ブラック部活ができるのかな。
 ブラック企業の学校版ね。生徒も考える力を失うことに、顧問も考える力を失うことにね。単に現場に縛り付けられるということだけね。生徒の方が内申書の呪縛を断ち切ると、猛烈に荒れることが頻発した時期がありましたよね。また、「教えて貰う」ということにのみ関心を払うようになっていったのではとね。
 教えて貰って、それを覚えるだけというのは役に立たないのですよね、何時の時代も。いろいろな職業で考える力というのは必要なのですが、ブラック部活は小中高校段階から考える力を奪ってしまっていると思うのですよ。生徒も教師も不毛のブラック部活、非行防止部活ね。
 全国大会で学校名をあげるというのも場合によると部活では前時代的ブラックになっている場合がニュースとかで漏れてきますね。
 さらに日本は「過去を美化する」ということが非常に多いように思います。それも、「臭いものに蓋式」のね。先の大戦への自己解剖ができないというのもブラック部活やブラック企業に繋がっていっていると思うのです。日本を潰さないためにも過去の自己解剖を徹底的におこないましょうね。これができたら「未来志向」に漸く繋ぐことができると考えられるのですよ。
 「ブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合う」という書名の本も出版されていますよ。著者は「内田 良」氏です。東洋館出版社です。私にとっては購入をページ数とから躊躇しています。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

| | コメント (0)

2016年12月 4日 (日)

カジノ法案でのギャンブル依存症論議とアルコール依存症等の嗜癖について

 どうして、薬物やギャンブルにのめり込んでいくのかということですよ。これを幅広く考えていくとストーカーとかにも行き着くかもね。だから、別物の方がよいかもね。
 自身の人格を維持するのになにかにのめり込むことによっているというのですよ。普通に社会生活を送るだけでストレスは絶対ありますよね。普通の人はよほどのストレス(どの程度なのでしょうね)でないかぎり、人格が傷つけられても修復できるようですが。今は「よほどのストレス」というレベルが頻発しているようですね。ブラック企業とか、学校内(いじめ)とか、・・とかでね。
 そうでなくても、人格の安定を求めて、何かにのめり込むというのがあるというのです。アルコールであったり、仕事であったり、買い物であったり、とかね。俗に「嗜癖」と呼ばれる状況ですよ。
 こうなると、もう一度、その人の人格の再構成が必要になるというのです。これは、苦しい作業だそうです。カウンセラー等も超一流の関与が必要だとかね。
 で、なぜ、このような人格障害的な人間が増えたかというと、私が思うに子育て期に親の余裕がなくなってきたためとね。ネタ本は斉藤学氏の著書ですが、私なりの解釈の結果、このように思うようになったのです。
 アメリカ的利益追求社会ですよ。銭ゲバの世界ですよ。北欧型の社会では人口比ではこのような人は少ないと思います。ですから、どのようにしようがのめり込む人間は出てきますよ。今の社会情勢では増えると思います。
 対策は「富の再配分」で、若者にも、特に子育て期の世代にも、「にも」ですよ、行き渡るようにね。それも、ばらまきではなく、持続的にね。国会の議論は表面的すぎると思います。
この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

| | コメント (0)

2016年11月20日 (日)

意外と狭い認識

 人間の認識できる範囲は意外と狭いもののようです。で、「認識不足」の一言ですませて、検証ができないのかな。
 家族関係でも、多くの方が表面的な状況で「円満な家族」とか「教育熱心な家庭」とかいったりしていますよね。この基準は育ってきた過程によっています。「過程」であって「家庭」ではないですよ。「機能不全家族」なんて、家族でもないし、家庭もないと思います。家庭と家族の違いについては考えてね。
 「いじめ」でも教師の対応で、その教師の育ってきた過程での経験が下になるので見過ごされやすいのですよ。機能不全家族で育ったのでしたら「家庭」ではなく「過程」と思います。自分の過去の経験が基準になるのですよね。ブラック企業も、高度成長期の「モーレツ」の成功体験の生き残りではとね。当時は拡大期でしたから「モーレツ」だけで何とかなったのですよね。現代は縮小期だから、付加価値を考える必要があるのに考えないから、長時間労働でも収益が上がらないのではとね。
 アメリカで自由貿易に対して風当たりが強くなってきているようですが、一番の自由貿易の推進者はアメリカの金の亡者です。で、工場が海外に移転したということに目を向けているから問題が複雑になるのですよ。発展途上国での労働者の悲惨な状態にしてでも、金の亡者は儲けようとしているのにね。
 イスラム国の起源はいろいろあろうと思いますが、ブッシュのイラク戦争が至近の起源ではと思うのです。「悪の枢軸」論とかで、フセイン政権を倒したあとのことを考えていなかった為ね。そして、軍事基地維持したいロシアがイスラム国拡大に手を貸したみたいなものですよ。「オバマ大統領の政策の足を引っ張ったのは共和党?」と思ったりもね。リーマンショックは「金の亡者」の暴走が原因ではとね。サブプライムローンなどの債権の証券化で売り抜けれるので「貸し付け時の審査が無責任」になって、高金利をつけて、国債等とかと混ぜることで誤魔化したのに群がった結果ではとね。投資家が認識できなくなった為ね。リスクが判らない状態になったためですよ。「格付け」なんて頼るものではないと思います。
 認識範囲が狭いということを前提に行動する必要があると思います。
この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

| | コメント (0)

2016年10月23日 (日)

「水面下」とは何なのかな

 小池東京知事が東京オリンピックの競技会場の見直しについて、結構というかほぼ公表している感じで進めていますね。
 これをオリンピック組織委員会の森会長が「水面下・・」と発言したと報道から知りました。
 今回のオリンピックでは新国立競技場の件で、庶民からみると「水面下」かな。「なんで」というのがありますよね。各競技施設についても小池知事方式で見直したら「?」がぞろぞろ出てきそうですね。
 今までの慣習と異なる公開された方式を持ち込まれて、以前に打診もなかったら公開されたものでも「水面下」かな。
 で、豊洲市場もメタメタになっていますね。今までの経緯がどちらというと「ほぼ水面下」だったのでは。専門家会議は飾りだったのですよね。あの福島原発も2000年代での貞観地震の指摘を真摯に受け止めていたらと思うのですが、「水面下で無視」を決めて協議しなかったわけですよ。
 「根回し」というは基本的には「水面下」ですよね。「根回し」にも大切な要素もありますが、「水面下でウヤムヤ」という危険性を持っているのですね。
 TPPの国会審議には交渉過程での「水面下」をできるだけさらけ出してほしいですね。特に国内対策の水面下をね。今まで農政は「元気な農家を潰す」面が大きかったですからね。漸く、方向転換が期待できるようになるかどうかですよ。
 地方の人口は増えないと思いますが、元気な農家が増えれば、若者が増えますよ。「水面下」で財産維持の農政が維持されると、元気な農家が規模拡大とかができなくなり、若者が都会に流出しますよ。
この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

| | コメント (0)

2016年8月21日 (日)

「神話の好きな国の一つ」としての日本

 結構、海外にも好きな人がいるみたいですが。
 「国債神話」として、「現在の発行国債が国内で売れているから」というのがあるようですね。「戦時国債」の国内で完売だったというのです。GDP比率で、戦時国債の時は204%だったとか。現代は249%ですよ。あのギリシャでも178%でしたよ。国内で回しているから問題が表面化していないだけかもね。戦時国債は戦後のインフレで償還できたようです。年率500%を超えるインフレね。
 「土地神話」も有名でしたね。人口増が続いているアメリカでも土地神話的なのが破綻した一つがリーマンショック時にありましたが。日本の場合は数十年続きましたからね。ダイエーの転けた要因の一つが「土地神話による資金の固定化」かな。土地を購入して店舗を造って、担保にして融資を受けて、次の店舗をというものでした。バブル崩壊による担保価値低下で返済が表面化して「カード会社」売り、「ローソン」売りとかね。イオン子会社になる時の自己資本比率はダイエーの方がよかったですが、キャッシュがないということね。
 アメリカのサブプライムローンも住宅バブル時に急増してはじけましたね。住宅価値上昇時には担保価値上昇やと借り増しして、下落時にキャッシュなしでね。ダイエーと同じですよ。だから、日本だけ「神話好き」とはいえないのです。
 「平等」が好きなようで「不平等」を拡大していても気がつかない平等好き国民かもね。教育では飛び級ダメ、留年は白い目ですから出さないようにと両端に不平等をね。大学入試センター試験の問題は良く考えられたよい問題ですが、利用する方の問題で不平等拡大かもね。教育は最終的には社会に還元されるのに「教育を受けた者の利益」とばかりに特に高等教育での不平等ね。はっきりいって「貧乏人の子は貧乏人に」というような制度になって仕舞っていますよ。なんで、大学を卒業して時点で「借金1000万円」とかね。奨学金ですよ。ヨーロッパでは無償の国もあるのにね。高校入試の内申書重視も「平等のようで凄い不平等」な制度ですよ。親の状況による不平等ね。
 とかとかですから、報道による誤魔化しにもよく引っ掛かっている感じもね。イオンが「トップバリュー」で引っ掛かったのも「安い→消費者は絶対支持してくれる」みたいな思い込みを報道等から持ったのかもね。よくよく観察したら、「納得のいく安さ」、「より良いものを手ごろな価格で」ですよね。コンビニが売り上げを伸ばしている理由ですが、セブン・アンド・アイはイトウヨーカー堂でちとどじったみたいですね。「機会損失」を防ぎたいというのね。
 日本の報道機関は日露戦争報道あたりから、本質的なことをはぐらかしているとことがあるような気がしています。そして、太平洋戦争時には完全に統制されましたよね。そして、自主規制の強い権力に弱い報道が今も続いている感じを受けています。一部勢力の「偏向」とかには弱いですね。国内でもあの当時、暴虐の限りを尽くされているのにそのことへの報道というのが少ないですね。こっそりと「在郷軍人会でも戦後直ぐに書類を焼却した」というのがでる程度ね。これ、証拠隠滅ですよね。知られたくないからですよ。海外でも証拠隠滅しているのにね。だから、慰安婦の募集について、実際にどのようにしておこなったとかいうことの政府説明がないのではとね。このあたりをしっかりと正してほしいです。
 司馬遼太郎氏の「雑談 昭和への道」を読もう。外国がどうのこうのというのもあるとは思いますが、一番は国内の問題ですよ。また、自滅になるようなことをしてほしくないということね。太平洋戦争は自滅への戦争でしたよ。
この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

| | コメント (0)

2016年7月 3日 (日)

『「慢心と想像力の欠如」 日本学術会議が原発事故を批判』というニュースから思うこと

 6月24日の早朝にNHKニュースであったものです。ニュースの表題が「慢心と想像力の欠如」でした。
 「慢心」は太平洋戦争に突入していくとの軍部などに蔓延していましたよ。そしt、この慢心はノモンハン事件での日本軍壊滅でも崩れることはなかったです。この延長線上かなと思います。
 「想像力の欠如」は「慢心」とセットかな。東日本大震災での津波についてですが、すでに警告されていましたよね。貞観地震ね。これの再来ね。ただ、この地震は1000年以上前でしたから、記録がなかったのでした。地質調査等と合わせて推定されたわけです。地震の規模はチリの巨大地震やスマトラ沖級ね。地殻をつくるプレートの移動によって起こった地震ですから、日本でもマグニチュード9クラスの地震の可能性があるのに無視ね。
 地球は誕生以来50億年、地震観測はたかだか100年ですよ。だから、1000年に1回の巨大地震が想像できなかったのですよ。でもね、南海地震と東南海地震がよくセットで起こっていたので本当の同時でしたらどうなるのかとは2000年頃から思うようになりましたが。
 アメリカのスリーマイルアイランドの原発事故の時、「日本では・・」とか批判していたと思います。その日本の方が防ぐことのできたはずの原発事故を「慢心と想像力の欠如」で引き起こしてしまったのではと考えています。
 事実、福島第二原発は大丈夫だったですね。外部電源用の非常用発電機の位置だけの問題でしたね。地震についての「慢心と想像力の欠如」がなければ防ぐことのできた事故と考えています。
 10000年に一度の地震ってあるのでしょうか。短時間(数年ぐらいかな)で日本沈没が起こるような地殻変動が何時頃あるのかな。
この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

| | コメント (0)

2016年5月 8日 (日)

持続的な発展を潰す銭ゲバ

 「貧乏」をその個人の責任のみによるという考えがアメリカを中心にはびこってきましたね。シェイクスピアの「ベニスの商人」のあの金貸しより強欲な投資家が増えてきたと思います。
 稼ぎを還元させずにため込もうとする銭ゲバね。貧乏人が近くにいなければ安泰(他人の生活なんて知らないよということ、搾取ね)だという考え方と儲け第一の考え方ですよ。
 この考えの対局的なのが「寿司ざんまい」の社長がソマリアでしたことね。ソマリアでの海賊は有名でしたよね。だから、ソマリア近海はマグロの漁場でしたが漁ができなかった。そこで、ソマリア人にマグロ漁の仕方や漁船や流通設備についての援助をしたとか。さらに漁獲したマグロを適切な価格で買い取ったとか。で、「寿司ざんまい」はマグロを手に入れることができ、投資を回収でき、ソマリア人は海賊より安全で稼ぐことができたということのようです。海賊ゼロとか。これ、買いたたいていたら海賊に戻っていたでしょうね。軍艦ではできなかったことができたのですよ。アメリカの強欲資本家は買いたたきの方かな。
 「物言う株主」の多くが強欲のようです。企業の持続的発展より、そのときの利益のみね。これと、勝るとも劣らないと思うのが各国の強欲資本家ね。日本ですと、「下請けいじめ」、「ブラック企業」等々かな。
 皆がボチボチ豊かになるというのを積み上げていく方が最終的には強欲より豊かになれると思うのですが。貧乏人がボチボチな生活ができる方が社会が安定して治安対策費とかも少なくて済むとか、生活保護費もよい意味で減少して税収も増えるとかね。
 世界が北欧や寿司ざんまい的考え方になることが必要ですよね。特にアメリカと中国や日本もかな。
この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

| | コメント (0)

2016年4月24日 (日)

人格障害などについてもっと勉強しましょう。

 熊本地震でお亡くなりになられた方へお悔やみ申し上げます。被災された方へお見舞い申し上げます。
 震度4以上の頻発で被害が拡大していますし、直下型ということでも被害拡大でした。
 ところで、表題の「人格障害」ですが、過小に考えられているのではとね。
 アルコール中毒などの薬物中毒の治療で有害薬物を摂取させないというのがありますよね。禁断症状が見えなくなって退院とかのようですが、再発率が高いですよね。
 それは「薬物にのめり込むような人格が形成されている」ということを無視した治療が多いからではと思うのです。何かにのめり込むことで人格を安定させようとする傾向です。
 斉藤学氏の著書に「素面のアル中」という概念がありました。この素面のアル中と普通のアル中とには人格的に共通点があるとね。何かにのめり込むということであったり、過去の自慢話をしたり、権威主義であったりとか、・・でした。何かにのめりこむというのはストーカーにも通じるかな。
 で、生育歴から考えることもできるようです。治療には「人格の再構成」が有効であるともね。
 ですから、説教や反省文などでは根本が変わっていないのではと思うのです。ですから、ストーカー行為が繰り返されるのですよ。
 人格形成期の大切さね。そのためには親にゆとりが必要なのですよ。周りも子育てを温かい目で見守る必要性ね。
 
この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

| | コメント (0)

2016年3月27日 (日)

家族ほど危険なものはない

 最近、報道された神奈川県での虐待での中学生自殺事件で改めて思うことです。「家族ほど危険なものはない」ね。危険な家族はテロリストの温床にもなりますよ。
 児童相談所の担当者は各地での虐待事例が報道されていたにもかかわらず、まだ「家庭は安全」という観念にとらわれているのではともね。死なせることはないだろうとね。虐待死が相次いでいるのにね。
 ストーカーもDVも大抵は機能不全家族で育ったのではと思うのです。
 で、「機能不全家族」とはどのようなものなのでしょうね。これは多種類あって一言では言えないですよ。ただ、人格障害が増幅されるのが機能不全家族かな。「人格障害」って何なのね。
 ストーカーは「愛」と「所有欲」とを混同しているのではとね。その度合いが酷い人ね。これは、愛された経験がないのではとね。特に乳幼児期にね。人格を認められた経験もないのではとね。だから、今の経済情勢は、社会情勢はストーカーやDVの養成するような状況ではとも思うのです。海外ではテロリストも多数養成かな。
 人間の直接経験なんて少ないですよ。だから、良質の経験が必要なのですが「家ほど危険なものはない」ではね。
 機能不全家族は連鎖しますよ。断ち切れる人はそういないようです。機能不全家族の多くは普通の家族のように見えます。
この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

| | コメント (0)

2016年3月20日 (日)

幅広く考えることの難しさ

 アメリカ大統領選挙予備選挙の報道から感じるのは「扇動されやすい人々」が多いようにね。また、ウオール街の住民も噂に流されているような感じを受けています。景気後退局面の日本と減速気味でも景気の拡大しているアメリカでは為替的には円安でもよいと思うのですが、円高気味ね。金利もアメリカの方が他界のにね。なぜか、「安全」という根拠のない思い込みに従っている感じが。これはリーマンショックの前のサブプライムローンでも見られたと思います。
 日本国内でも昔からのしがらみに固執して改革ができないですよね。一番が先の大戦の検証が全くできていないということかな。この検証による利益者は日本なのにね。
 「井の中の蛙」を世界各地で、日本国内各地で実践されている現代かな。
 経済成長が鈍化しているのは工業生産力の向上によって、多くの品物が安価に十分で回っていることに寄りますよ。安価でも性能的にはそれなりのがね。だから、液晶テレビでも安価な普及品はそこそこ売れても4Kテレビとかが期待したほど売れない理由ね。だから、儲けが出ないのかな。結局はアップルのiPhoneみたいな新規領域を切り開くことができなければ、販売量は停滞するような状況になっているのに高度経済成長の時代の夢を見続けているのでしょうか。
 新しい市場をつくるということが必要なのにブラック企業は不当労働で設けようとしていますよね。近いうちに沈没するのにね。
 家族でも躾などでは自身の育てられたようにしているのがよく見受けられますよね。そっくり親子ね。或いは「調べる」や「考える」ができないので請け売り的に育てているとかね。 こういうのは助言を無視しがちですよね。
 視野の狭い人間に「幅広く」というのは無理なのかな。
この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧