« 共同親権で思うこと | トップページ | 日本の低生産性の元凶の一つ、「人質司法」 »

2024年6月 1日 (土)

闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No614

他のブログやyahooなどで日米・・委員会とか、なぜ、成田空港ができたのに羽田に国際線が戻ったのかとかありますね。   最近、雨の日やその他で運動量確保の日課が不十分になっていたら、効果てきめんでフレイルに向かいかけていました。怖い怖い   某社の工場見学を申し込みでいたのですが、抽選漏れのようです。   SNS投資詐欺とかですね。不思議に思うのが「投資はこっそりおこなう」が原則と考えています。   クッシング現象の可能性。   薬の服用と食事等との関係。   気象庁の長期予報ではこの6月から8月は平年より気温が高いというのですね。

 5月20日(月)、他のブログやyahooなどで日米・・委員会とか、なぜ、成田空港ができたのに羽田に国際線が戻ったのかとかありますね。日米安全保障条約ですよ。調印後、国会で批准しているので憲法と同列ぐらいかな。第二次世界大戦で敗戦ですね。アメリカに占領されたのです。その結果、東京都に「横田基地」ですね。トランプもバイデンも横田基地に着きましたね。また、神奈川県には「厚木基地」がありますね。なので、神奈川と東京の上空の管制はアメリカ軍が管理しているのですよ。それで、羽田の発着数に制限があったので成田に空港を作ったわけですね。その後、管制空域の一部が返還されて羽田に余裕ができたからD滑走路が作られ、大挙、羽田に国際線が戻ったわけですね。更に返還されたので都心上空を民間旅客機が飛ぶことにですね。安保条約を破棄しない限り、委員会等の方が国内法より優先されることにね。だから、大阪の維新が「普天間を関空に」にみたいなことを言ったことがありましたが・・。ただ、東京や神奈川以外はアメリカ軍管制で民間機も発着しているようです。岩国があるので広島空港が広島県東部に作られたのかも。沖縄の基地ですね。アホみたいに県民犠牲の徹底抗戦したから、県民は自宅に戻れずにね。基地を先に作ってから、残りの土地に住むことを強制されることになったのでは。だいたいから、1945年3月10日の東京大空襲され、硫黄島陥落に、4月25日だったかなヒトラー自殺、5月ドイツ降伏文書調印。6月、沖縄戦終結。で、アホみたいに悪足掻きしているうちに7月、世界初の原爆実験成功。8月に原爆投下とソ連参戦で朝鮮が分断国家になったのかも。昭和天皇がいなかったら、日本は4画分割統治されていたかもというのした。昭和天皇の玉音放送は大日本帝国憲法違反の行為ですよ。「統治する」とかの条文があっても天皇は今の日本国憲法と同様に「象徴」であったとね。政治についての権限はなかったというのです。
 5月21日(火)、最近、雨の日やその他で運動量確保の日課が不十分になっていたら、効果てきめんでフレイルに向かいかけていました。怖い怖い。ここで、下手に筋トレして運動神経系興奮ニューロンの興奮させたままにしてしまうと陽性徴候とかで回復の見込みがなくなりますね。慎重に慎重に回復させることをしたいです。というても、いつもと同じぐらいの動作を無理なく毎日おこなうことかな。前から投稿しているように高齢になっているので「使わないと衰える」が顕著に出てきます。廃用症候群ですね。使いすぎると手足などでは痙縮になる危険性がということです。ところで、頭脳を明晰に保つには「筋肉の収縮刺激が有効」のようです。手足ではどれかの筋肉を収縮させると関係する関節に付いている別の筋肉を引き延ばすことになります。救急病院入院時からですが、椅子に座ったときに背筋を伸ばしてしておくというだけでも脳によい刺激になるとか。新しいことに挑戦というのは「新規銘柄の発掘」かな。配当だけでは増加率が低いのですね。タマホーム、その昔、583円で購入しました。今は4000円超え、配当も180円に増えました。買値からですと30%ですね。このような銘柄を発掘していかないと数%にしかならないです。そのためには世間を観察しておくことも必要かな。それで、昨日の成田空港が作られた理由とかにも気がつくのです。米軍はある意味、外交特権の外交官に近いかもね。交通違反の青切符のコレクションに励んでいる某国の外交官もいるみたいですね。国会で「共同親権」の民法改定がおこなわれたのは海外との関係でしょうね。欧米は軒並み「共同親権」ですからね。そして、「子供は独立した人権をもつ」が基本かな。日本は親の所有物みたいな感覚ですね。だから、単独親権ではとね。ドイツなどでは離婚後、子の誕生日などに両親や場合によると互いの新しい配偶者も一緒に集まることあるというのです。子には両親が必要だからということですね。欧米もモラハラ親とかもいるはずですが適切に排除しているのでしょうね。学びましょうね。
 5月22日(水)、某社の工場見学を申し込みでいたのですが、抽選漏れのようです。気楽にいけるときは金魚の糞みたいについて行っていました。潜水艦を作っている造船所にも行ったことがあります。「作っている」であってそちらの方には見学できなかったです。まだ、日本の造船がそれなりに元気な頃でした。このときに「ヘッドホーン難聴」があるというのを聞いたのです。40年以上前から判っていたことですよ。工場見学ではないですが、日経サイエンスに「白血球は自然放射線ぐらいの放射線を受けている方が活性化されてがん細胞を排除しているがたまに抜け落とすことがあると読んだことがありました。どうして、排除しきれないのかは書いてなかったかな。京大の本庶 佑 教授が免疫についての研究からこの排除しきれない仕組みが判ってきたのですね。それで、医薬品を作ったわけですね。放射線がゼロになるのは人間ではよくないということかな。ただし、多すぎるというのももっと悪いですね。音ですが、日常の生活音とかですね。あるいは周りの環境の音ですね。これ、ゼロになると生きていけないですが大きいとこれも生きていけないかな。都会の環境音がうるさいと田園地区に転居したら、自然の音がうるさいという風に感じることもあるというのです。なので、リハビリもほどほどというのが大切ですね。且つ、適切であるということですね。福島の原発での放射線量、地域によって異なりますね。漸く、帰還がというとも。ある地域の方がインドに避難したら、その地域の自然放射線量の方が強かったなんてのもありました。よく調べようね。脳卒中後の手足のリハビリも人間の体の仕組みを調べて、適切適度になるようにしようね。陽性徴候とかになるのはどこか無理があったからではと考えられるのです。
 5月23日(木)、SNS投資詐欺とかですね。不思議に思うのが「投資はこっそりおこなう」が原則と考えています。なぜかというと、皆ですると過当競争ですね。今の中国を見たら判ると思うのですが儲けが持続しないということです。そして、損にね。なので、人に教えるなんてできないのですよ。ボロ儲けの分ではね。銀行預金金利やそれを少し上回る常識的なのは普通の営業でできますね。これぐらいまでの勧誘でも損をすることがありますね。「こっそり」が基本あのでね。また、他人のお金を集めるには金融に関する法による認可や届け出や登録が必要ですね。ネットで調べようね。うさんくさいのやら、公的機関のサイトとかになければ、詐欺かもとね。また、yahooとかに「株で儲けた・・」とかいうのでコンサルタント的の場合でも過去は儲けられたが、今は儲けられないからこれでというコンサルなどyの方で儲けようというのかもね。中には詐欺もあるかも。自己責任で国に届け出ている、認可された金融機関でしようね。過去、40年ぐらい日本経済新聞の株式面以外を丹念に読んでいました。今も役に立っています。医療についても昨日投稿のような過去の勉強が役に立ったわけですね。ボツリヌス菌毒素とかことは40年以上前に判っていました、視床出血後の調べてボトックス療法の話から再確認できたのですよ。このときに破傷風についてもね。陽性徴候になっていく仕組みについてもね。また、筋収縮についても勉強していて、「筋肉は収縮するためには弛緩して引き延ばされている必要がある」ということもね。これが「他動による関節可動域確保動作」が大切であるという投稿に繋がったわけでした。投資の方ですが、「複利計算」ですね。年7&ぐらいで10年で2倍になります。これくらい以上の期間を見込む方が身のためかもね。
 5月24日(金)、クッシング現象の可能性。有名なのがバイタルサインとしての血圧測定かな。脳卒中が起こるとその部位に脳は血圧を上げて血液を送ろうとするというものです。なので、平常より高血圧になっていたら脳卒中を疑うことにね。間違ってはいけないのは「脳卒中になったらクッシング現象での高血圧であって、発症直前の血圧ではないことです。これを発症後の血圧で「高血圧だったか・・」という医者がいることです。発症時の血圧は「わからない」です。どうも、クッシング現象は脳以外の部位で内出血等があっても起こるようです。「常位胎盤早期剥離」ですね。いくつかの事例を読んでいたら、これも剥離が始まってから高血圧になったようです。ですから、平常時の血圧が急に異常に高くなったとかの場合は体のどこかの部位で内出血が起こっている可能性があると考えた方が良いと思います。即刻、医師による診察を受ける方が良いと思います。ですから、我々みたいなのが転倒などで頭部打撲などがあった場合はすぐに、しばらく継続的に血圧測定をしておく方が良いのではとね。今一度、あくまでも出血が起こってからですよ。発症前の血圧は測定不能です。24時間血圧計でも装着している場合のみ人生的直前の血圧がわかる可能性ありますが・・。普通は血圧測定なんかしていないですね。事後の血圧から「高血圧は良くない」といっているのです。現に降圧薬の添付文書に「過度の降圧は脳梗塞の恐れ」と明記されています。理論上、脳出血は血圧が高いほどやばいですが・・。ただ、これも「運」ですね。視床出血時、直後の測定で最高が200mmhgを超えたというのに追加の出血はなかったようなのです。血圧測定は日頃の測定姿勢と同じようにね。測定姿勢や精神状態での変動は大きいですよ。それと、血液さらさら薬を服用されている方はより気をつけようね。脳梗塞より重症(死にやすい)になりやすい脳出血の起こる可能性が高くなっていますよ。打撲、特に頭部打撲は必ず血圧測定もしようね。
 5月25日(土)、薬の服用と食事等との関係。普通の医薬品での服用タイミングで「食後」というのは「飲み忘れ防止」というのが最大の理由だというのです。降圧薬のエクスフォージだったかな、複合錠です、添付文書に食後と食間服用の吸収率の違いがありました。食簡の方が10%ほどかな良い結果にね。でも、普通に「食後」と添付文書にありました。「食後」の方が飲み忘れが少ないということですね。ところが、胃腸関係では下痢等に対応する必要等があったりしますね。「食後」以外があったりね。また、血中濃度でというのは「・・時間間隔」とかもありますね。前の主治医は「胃腸が専門」といいながら、ガスター10のジェネリックで「朝食後」と「夕食後」と指示していました。添付文書では「夕食」ではなく「寝る前」でした。だから、「思い込み」で「食後」と指示する医師が多いのでは。よほどの医薬品でなければ、食事をする必要はない場合が多いと考えられるのです。薬の服用時には「コップいっぱいの水」がよいというのです。お茶等は問題が起こることがあるのでということです。フルーツではなぜか「グレープフルーツ」が多くの医薬品と食あたりになるということです。「食後」というのは「食後30分後」ともね。「ガスター10」は胃酸の分泌抑制で逆流性食道炎を防ぐ目的もあるのです。だから、夕食後は胃酸を分泌させて消化促進で寝る前服用で分泌抑制して食道への逆流を防ぐのがよい服用法でしょうね。「夕食後」では、分泌を抑制して消化をおさえ、寝る頃、薬効が切れて分泌が盛んになって食道への逆流を促進なんてですから、無茶苦茶な指示でした。当然、私は寝る前に服用していました。
 5月26日(日)、気象庁の長期予報ではこの6月から8月は平年より気温が高いというのですね。大外れで「平年並み」を期待しますけどね。暑いと外出しにくくなりますね。寒いのは「着込む」ですね。防寒具を着込むとかで何とかなりますね。こちらはホワイトアウトになるような雪は降らないはずですから。砂漠地帯等乾燥地と違うのは「湿度」ですね。高温多湿の日本ね。訪日外国人の方、大丈夫なのかな。できるだけ、「汗」ですね、良質の汗をかこうね。このためには「汗腺の訓練」が必要とか。リハビリで筋トレ等は痙縮とかになる恐れが高いので危険ですが、汗腺の訓練は大丈夫と思います。それと、「備蓄」できる物資の買い出しも必要ですね。紫外線は大気の状態などで違いがでますが、「強い」が続く時期ですね。ワンコとの散歩の時刻も早朝、日暮れ時とかかな。赤外線温度計でアスファルト面などの温度を測定しています。真昼とかは肉球の火傷も起こる温度になっていたりしますね、夏は。そのような時刻を避けてということです。送風機付き服は電池が重いですね。防寒具は重いのにそう重たく感じないですね。弁当、重たく感じているのに、弁当を食べてしまったら、なぜか重たく感じない。食べた直後は体内にほぼ同重量があるはずですか、なぜでしょうね。この感覚の違い、どうして起こるのでしょうね。何日か前の東京品川の事件、父親が「心中」しようとしたのかもね。家族をある意味、自分の持ち物と考えてしまっていて、「離婚」はこの持ち物を失うと感じてかも。子の人権も含めて、地道な啓蒙が必要ですね。

|

« 共同親権で思うこと | トップページ | 日本の低生産性の元凶の一つ、「人質司法」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 共同親権で思うこと | トップページ | 日本の低生産性の元凶の一つ、「人質司法」 »