« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No608 | トップページ | SNS詐欺広告で思うこと »

2024年4月27日 (土)

闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No609

肥満について。   昨日投稿の「インスリン」は食事等で血中にグルコースが増えたりすると膵臓から分泌されて血糖値を低下させるホルモンです。   サプリメントが人気ですね。いろいろでていますね。   「障害の受容」ね。難しいですよね。   「障害の受容」ね。続き。   脳卒中リハビリは、というより、「リハビリはそのときの身体状況に応じた適切適度でおこなう」必要がありますね。   yahooのメールIDでPaypayやっていたら、メールボックスにログインするだけなのにSMS認証を突然求めてきやがった

 4月15日(月)、肥満について。肥満体型になるのは脂肪細胞が膨らんで大きくなってというのが普通のようですが・。この「大きくなる」に二種類の原因があるというのです。普通の肥満は俗にいうメタボの方ね。相当量以上のインスリン量で脂肪細胞がため込んで太るというのね。ね。もう一つがインスリンの効果が出すぎて少量のインスリンだけで脂肪細胞が大興奮してため込むのね。俗にいう「水を飲んでも太る」という悲惨な方ね。もう、体質的にダイエットは無理かも。さらに生まれつき脂肪細胞の数が多すぎる人ね。脂肪細胞の大きさは正常なのに数が多すぎての肥満体型ね。この方もダイエットは無理です。「脂肪吸引」といって脂肪細胞を減らすと正常で多いということでの体内でのバランスが崩れて不調になることもあるというのです。メタボ指導で効果があるのは最初のインスリンに鈍感でふくれたのだけかもね。ところが、食事量を減らすと基礎代謝量が減少して体重は減らないよというお話もね。ところで、このような話を医師はほとんどしないのでは。アメリカで「肥満体型になるのは意志が弱い」と一時期いわれていたのがいわなくなったのはインスリン効き過ぎや細胞数が多い方もおられるということが判ってきたからといわれています。その点、日本はしつこいですね。日本は情報のアップデートをしない人の割合というか多いかも。今はアメリカも怪しいのが多いようですが。自己の、自国の「負の遺産」の隠蔽体質が強い日本かもね。特に自民党系かな。国を潰しますよ。
 4月16日(火)、昨日投稿の「インスリン」は食事等で血中にグルコースが増えたりすると膵臓から分泌されて血糖値を低下させるホルモンです。その方法の一つに脂肪細胞に働いて血液中からグルコースを取り込ませて脂肪として蓄えさせる働きがあるのです。ここで、効果が出すぎるのが「水を飲んでも太る」タイプの方です。インスリンはごく微量ですがほぼ絶え間なく血液中に分泌されているというのです。でも、普通のメタボの方は実質的に食べ過ぎではと思います。消費カロリーが多くなるような生活をしていてもそれを上回ると太りますね。また、人間の体の維持には最低・・必要なのですね。基礎代謝ね。これ、食事を減らすとこの基礎代謝もへるというやばい報告もあるようです。ところが、脳卒中片麻痺で感覚麻痺の場合、下手に運動すると陽性徴候や痙縮ですね。そうなると、運動もままならなくなります。気をつけようね。いろいろなことが関連しているのですよ。話は変わりますが、日本は欧米に比べてギャンブル中毒の者が多いというのです。アメリカではできるだけ、ほかの方の尊敬できるところを探そうというか良いところをね。ところが、日本はダメ出しですよね。成長中は他者との比較ですね。相対評価ですね。「誕生日を心待ちする子供」、何かというと他者との比較ではなく生まれてきたことでまるごと愛される日とね。でも、怪しいですね。とかで、マウント取り等ですね。何か優位性を示すことで心の安定を得ようとしているということかな。この方法の一つがギャンブルというのです。アル中や買い物中毒や仕事中毒もね。ブラック校則の教師もこの仲間かもね。
 4月17日(水)、サプリメントが人気ですね。いろいろでていますね。ところで、サプリ以外ですが、コラーゲンを肌に塗りつけて・・。塗料を塗っているのと同じだと思うのです。後ははげ落ちるだけなのにね。サプリとしてコラーゲンの摂取ですけど、あるCMの体操選手の母親のように活動的ですと、吸収後にコラーゲンに合成される可能性は大きいと考えられます。膝へのサプリ、適切な運動をしている方の場合は体が要求するでしょうから役に立つかな。ところが、運動していないと・・です。筋肉を維持するには運動神経系興奮ニューロンの興奮があってアセチルコリンが筋肉に分泌されているというのが必要なのです。だから、ボトックス痩身術があるのですよ。で、不思議なのが痙縮になっても筋肉は太くならないみたいなのみたいなのですね。筋肉を太らす方法は二つ、一つが筋肉を霜降りの脂肪まみれにするというのとハードな筋トレで筋繊維の細胞膜に傷を付けて細胞核を増やすというもね。痙縮はトレーニングでもないから太らないということのようです。骨も筋肉が収縮したことや踵落としみたいな刺激があると骨芽細胞がより働くというのです。サプリを摂取しても生活態度を改めないことには大抵の方には効果なしということかもね。脳卒中後の脳の回復は「樹状突起を伸ばす」ことですから、脳細胞の細胞膜の成分が必要ですよ。主に脂質とタンパク質(細胞膜にはめ込まれるのね)で、脂質では飽和脂肪酸は体内で合成できるから、必須不飽和脂肪酸を摂取しようね。どうも、DHAとリノール酸かな。それに適切な脳への刺激をね。関節が楽に動かせている方がよい刺激になるようです。川平法かな。
 4月18日(木)、「障害の受容」ね。難しいですよね。昨日、ブログ村脳卒中カテゴリーでこのテーマで投稿されておられる方がいました。私の解釈は「そのとき時の状況を正しく理解し、次のステップへの基礎とすること」というように考えています。「脳卒中後遺症ですね、どのような状態にあるのか、健常との違い、この違いを埋めるにはどのようにしたらよいのか」とかを理解し実践している状態が「障害の受容」とね。で、手足では「筋肉を固めない。関節を錆び付かせない。腱を固めない。」ということが重要であるとね。リハビリの進捗具合や退院後(なぜ、入院中にしなかったかな)に調べて考えてみたら、この受容でよかったとね。なので、受容できていないから陽性徴候になったりしてしまうのではとね。受容できていないから上肢全廃にしてしまったりするのかもしれないですね。だから、大学でも「入試ランキング」が絶対と思い込んでバイトに明け暮れるから・・。私は「大学は活用するところ」と学歴ロンダリングできたのです。一流国立大学大学院卒にね。「受容」は「現状分析」ですよ。それて、そこから、どのようにすればよいのかを冷静に考える基礎となるのです。関節動物の人間としての受容ができていたら「健常者風歩行」も「ナンバ歩き」も同じ関節動作であると気がつくと思うのですけどね。で、「ナンバ歩き」はどうなりましたか。そうそう、医師には書物受け売りも多いので患者の状況が判らずに文献を紹介するのもいますよ。「受容」ができていないから脳卒中リハビリで陽性徴候や痙縮等になるのですよ。だから、ほっておけないのですよ、セラピストさんは。
 4月19日(金)、「障害の受容」ね。続き。一昨日のブログ村脳卒中カテゴリーでビューティーローラー活用での効果で報告されていた方がおられました。車椅子→杖歩行で棒足ぶん回しから健常者風で→杖なしと回復されたようです。ビューティーローラー活用で足の筋肉を柔らかくすることができたと投稿されていました。詳しくこの方のブログで読んでみてね。どのような後遺障害かを受容されて考えた末にビューティーローラーを使われたのですね。それと、「歩行は関節動作である」と理解されてね。関節を動かすには筋肉が柔軟で弛緩したときに楽に引き延ばされる必要があるのです。このように考えることができるのも「障害の受容」が必要かと考えています。筋肉は弛緩して引き延ばされたのちに収縮で筋力を発揮するのです。詳しい仕組みは生物学的に説明すると長くなるのでネットで調べてね。筋肉は収縮しかできないのです。では、次の収縮は・・。このときにほかの筋肉に引き延ばされてです。この引き延ばされるとき、抵抗しない方が楽ですね。だから、「弛緩できる」ということが非常に大切なのです。受容できていない方はこの「弛緩」ができないのでお困りなのです。陽性徴候等ね。ですから、周りの方は否認されようが徐々に受容するように説明しようね。でも、聞いてくれないかもね。ところで、最近、「インド料理店」はネパールの方のところが増えているというのです。世界地図見てね。インドとネパールの位置関係。釈迦の出生地はネパールだよ。関東地方で説明すると海岸から群馬や栃木の相当する部分がインドで山の南斜面がネパールですよ。インドの一地方ですね。当然、「インド料理」で看板出しても偽りはないと思います。ロシア料理かウクライナ料理の違いですね。
 4月20日(土)、脳卒中リハビリは、というより、「リハビリはそのときの身体状況に応じた適切適度でおこなう」必要がありますね。どのようなリハビリでもそのときには「身体状態の受容」が必要になりますね。日本はこれができないことが多いようです。脳卒中リハビリで手足の場合は「他動による関節可動域確保動作」が必須ですね。関節動作をするには筋肉は柔軟である必要がありますね。ビューティーローラー活用の方はこのローラーで筋肉を柔軟にされたわけですね。それも、身体状態の受容があったからですね。また、尖足になると健常者風などの歩行が難しくね。棒足ぶん回しですと尖足でも何とかなるかもね。でも、「尖足がよくない」というのも「受容」の中に含まれるのでは。あのPT室にあったアキレス腱引き伸ばし機がなぜあるのかということですね。尖足を防いで健常者風歩行ができるようにですね。何回か使いましたが楽に足の甲が上に向いていました。ただ、感覚麻痺なの少しは痛みを感じましたが・・。足の例をあげましたが、上肢でも同様です。上肢は自力で楽に伸ばせるようにするのですが、その前庭として「まずは他動で」ということを受容されていたら全廃になることは激減していたかも。「他動で伸ばす」ですね。下肢より楽に繰り返すことができましたよ。障害の受容ができていたら「他動で伸ばす」が必須であると理解できると思うのです。癌でもそのときの状態を受容できるとより適切な治療を選ぶことができるはずです。便秘では適切に下剤を選べても、脳卒中後のリハビリでは・・。がんと脳卒中や心筋梗塞などでは適切な治療やリハビリを患者は選びにくいようですね。「受容」までが難しいようなのでね。
 4月21日(日)、yahooのメールIDでPaypayやっていたら、メールボックスにログインするだけなのにSMS認証を突然求めてきやがったのでLINEのメールアドレスをNIFTYのに変えたらPC版がログインできなくなりました。別のPCでしてみようかな。もう、Paypayは使うつもりはないです。LINEヤフーの株式持っているけどね。ソフトバンクモバイルの株式もね。楽天の株式も持っています。普通はもっと大切なところや決済でのSMS認証は判りますが・・。Gポイントも無料ゲームで遊ぶだけで電話認証(すでに登録してあります)ときたのでちょうどよい機会とネットでの通販とかの利用も含めて止めました。このことで3Gのガラケー、ソフトバンクでしたが4Gスマホでは楽天にしました。so-netはログイン時の認証について「今まで」と「生体認証」が選べるようになっています。NIFTYは今まで同様でできるようだし、ネットバンキングもこんなSMS認証はなく、もっと重要な部分で各社それぞれの認証方法がとられています。ログインだけして様子を確認しようというだけなのでブチブチ。三井住友カードであるカードを廃止するときは普通のログインだけでできました。新規発行についてはうるさいかもね。繰り返しますが、もうPaypayはよほどもことがない限り使う気持ちはないです。最初の頃にクレジットカード登録で「セキュリティー番号」でミスったPaypayね。この反動かな。でも、LINEの情報漏洩で総務省から指導されていますね。それも3回だったかな。もっと、しっかりする必要のある部分と今までよい部分が判らなくなったyahooなのかもね。ポータルサイトのトップページのニュースとかで「法律判っているの」というようなのがあるのです。例えば、私有地への不法駐車とかへの対応とかね。社内研修をしっかりしたほうがよいかもね。yahooの今度の株主総会での決議案、すべて「否」にしようかな。

|

« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No608 | トップページ | SNS詐欺広告で思うこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No608 | トップページ | SNS詐欺広告で思うこと »