« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No545 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No546 »

2023年2月 5日 (日)

人間、「考える」が苦手であったり下手であったりする人が結構いますね。

人間、「考える」が苦手であったり下手であったりする人が結構いますね。
私は?です。
そうすると、過去の経験や教えてもらったことやネットにあったことを単純に良いことや正しいと思い込んだりしてしまうことが結構あるようですね。
ですから、リハビリで「筋トレ」だけになってしまってのちのち困ったということがあるわけですね。
ブラック校則は、その教師たちも生徒の頃すでにブラックであったり、「勉強は強制されて」でようやく勉強してきたのかな。
だから、ブラックでない学校改革の進まないことね。
プロ野球の監督で凄いのは「根本監督」かな。広島で監督したときは「根本が悪い」と揶揄されたというのですが、首になって次の監督のときに「赤ヘル・・」で、球団の要職になった西武でもその後西武の優勝が続きましたね。
どちらも超弱小だったのがね。
野村克也監督も一流ですよ。
高校野球では蔦監督かな。
川上監督はこの二人には負けると思います。
名門高校の監督と同様非常に優秀な選手がいる球団でしたからね。
岩手のバレーボールの顧問は生徒が良かったからなのに自分が優秀させたと思い込んでしまったのかな。
高校の教師で灘や駒場大付属等の教師は馬鹿でしたら、完璧に生徒に無視されるはずです。
医師も入試が難しいというのを優秀と勘違いして威張り散らすのもいますね。
肺がんの時の誤診の医師ね。
「間違っていない」と断言していましたからね。

 

この投稿のメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No545 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No546 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No545 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No546 »