« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No400 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No402 »

2020年5月 2日 (土)

闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No401

一律10万円給付で思うこと。日本の対策では「迅速性」が欠けていると感じています。   PCR検査を緊急事態宣言後にやたらと増やすと・・。   20日の共同のロサンゼルスからの報道でスタンフォード大学が実施した抗体検査からの解析で4月初めの西部カリフォルニア州サンタクララ郡の人口の2.5~4.2%が抗体を持っていると推計できるというのです。   検査の精度。PCR検査で使用した検体からウイルスを分離して電子顕微鏡で確認できたら、精度100%ですかな。   新しいラジオを購入しました。古いのは25年前に購入したのでした。   緊急事態宣言とPCR検査数の問題。潜伏期間が14日ぐらいまでですよね。   軽症から急激な重症化の要因の一つが喫煙かもね。

 4月20日(月)、一律10万円給付で思うこと。日本の対策では「迅速性」が欠けていると感じています。昨日投稿のような失業保険を構築していたら、パート、アルバイトを含めた解雇にもある一定期間対応できているはずですよね。ドイツではフリーランスみたいな方にも休業補償が数日で振り込まれたとかね。ともかく、まずは全員に給付するというのもよいと思うのです。金持ち等は日頃納税しているはずだしね。不正に厳罰のない日本かな。納税をきっちりしていたら問題ないですよね。ヨーロッパでは国籍は関係ないというのです。お役所に届けていない不法残留は・・かな。別の理由で中国では逃亡犯罪者が多数自首してきたとかね。30万円の時は給付の不公平がすごかったですね。時期の遅れは確実だしね。その意味では前進したと思うのです。ところで、高齢の政治家や官僚の頭の固いこと、堅いこと。金槌でたたいたら金槌が壊れるなんて感じかもね、オンライン診療でもね。あの福島の原発も今回と同様に東電では「会議」で「会議」で「誰が責任にをとる」というのと「決断ができない日本」のセットだったのかもね。今回は某連立政党のきつい要求があったのが大きかったようです。今は昔と違ってきているので「世帯」という単位はなくした方がよいのではとね。子供の保護者は必要ですが・・。
 4月21日(火)、PCR検査を緊急事態宣言後にやたらと増やすと・・。ニュースであった世田谷のはどうなったのでしょうか。緊急事態宣言前に増やしておくべきだったですよね。緊急事態とかは統計的手法が重要になると考えられるのですけどね。その割に最近の感染者確認数は一進一退みたいに感じるのですけどね。もし、検査を増やしていてこの頃の数値であれば、感染が落ち着いてきたと考えられのかな。では、一体どのような理由でなのかということですよ。そのためには「抗体検査」も絶対に必要と思うのですよ。感染爆発がないのなら集団免疫ですかな。なら、どのように集団免疫ができたのかということですよ。集団免疫ができているのなら、異常態ではないですが、まだ、免疫を持っていない方のために行動を考えましょうね。ところで、免疫を持っていても感染はしますよ。発病しないか軽症で済むという程度ね。感染したくなかったら、防護服を着込んでお家から出ないように、家族とも遭遇しないようにね。感染した人は最近、ご近所で貰ったのですよ。ご近所や職場、公共共通機関、買い物、その他の行動中に誰かからですよ。今は日本では家族や日頃顔を合わせているような身近な方から貰っているのが非常に多いのではとね。感染者を非難される方は自己防衛のために月にでもいかれたら。インフルエンザと同程度蔓延していると考えてね。思い込みって凄いですね。「異常事態」と「緊急事態」ね。常に確かめるようにしないといけませんね。
 4月22日(水)、20日の共同のロサンゼルスからの報道でスタンフォード大学が実施した抗体検査からの解析で4月初めの西部カリフォルニア州サンタクララ郡の人口の2.5~4.2%が抗体を持っていると推計できるというのです。当時PCR検査で判明していたのは856人だったとね。で、確認されている感染者の50~85倍に及んでいる可能性があるとしているとね。日本はPCR検査をするのに何癖をつけていたから、100倍以上になっているかもね。それも、スウェーデンはドイツ並みにしていたら推計で10~20倍ぐらいというのから、これですと、抗体保持者は500~800倍かもね。日本ではさらに倍率が高くなると推定されると思うのです。もう、数千万人が抗体を持っているかもね。あと一息で集団免疫ですよ。TVのひる帯と日本経済新聞のサイトで見つけましたよ。推計はいろいろな割と信頼できる筋の報道からね。広島でPCR検査にたどり着くまで8箇所も病院を転々とさせらりとかありましたよ。こんなのウイルスを満遍なくばらまかせていていたのですよね。感染経路とかいっているのは、たまたま、繋がっただけというのが混じっているのではとね。院内感染でも感染源は怪しいものですよね。感染者を糾弾される方は火星にでも逃げて行かれたらと思います。昨日は月ね。PCR検査は偽陰性も偽陽性を結構出るということです。
 4月23日(木)、検査の精度。PCR検査で使用した検体からウイルスを分離して電子顕微鏡で確認できたら、精度100%ですかな。ところが、「ウイルスがない」という証明は困難で、「ウイルスがある」という方が楽ですが・・。どうしても、検出にはある程度の量が必要ですよね。ですから、偽陰性が出てくるのです。また、ウイルスの同定ではないから偽陽性もね。抗体検査でもどのような抗原抗体反応をするのか、量は、とかで偽陰性や偽陽性ね。ですから、昨日投稿のスタンフォード大学(アメリカ西海岸にある旧帝国大学以上のレベルね。)の調査でも、50倍ぐらいから80倍ぐらいとかですごい範囲でしょ。抗体検査は検査時にウイルスを持っているかどうかではなく、過去にウイルスに感染して抗体を作ってしまっているかです。感染してから、しばらくすると作られ始めるのでウイルスに感染中にも抗体検査で引っかかることがありますが・・。ある時点での感染中および感染済みの人がわかることになるのですよ。感染の広がり具合ともね。今回のコロナは総感染数から考えると致死率は高くないかもね。でも、発症してしまって、日本基準のPCR検査に達してしまうと、結構お亡くなりになっているかもね。でも、数%レベルね。ハイリスク集団に所属される方もふくめてですから、ハイリスクの方はぐっと高い死亡率になるのでは。ウイルスが肺胞の細胞等に侵入するときに細胞の膜タンパク質を足がかりにします。例えば、喫煙者はそうでない方に比べてこの足がかりタンパク質が多く膜表面に出ているというのです。で、ハイリスクにね。
 4月24日(金)、新しいラジオを購入しました。古いのは25年前に購入したのでした。スイッチの部分が不調になってね。液晶の部分は見えるかな。時刻合わせ等ができなくなりつつあったのです。周波数あわせがデジタル表示になっているのが楽ですね。登録もできるしね。CDプレーヤーもついていて、遅速や早速再生芽できるようなのです。今時のCDね。mp3ファイルのCDーRもできるようなので試してみます。時計つきで目覚ましにも使えるとかで結構易いかもね。メーカーは有名ではないです。ということはネット通販ね。ネット通販でアマゾンを余り利用しないのでプライム会員ではないです。CDラジオを買うような音楽の聴き方ね。また、映画はDVDをPCで聞くという感じの見方です。じっくり映画鑑賞なんてする時間がないですね。この投稿もアポロ13の音声、英語を聞きながらです。それと、東京の市場は緊急事態宣言が出ても取引がありますね。貧乏人にとっての買い時かな。プロと違って、お金はつぎ込めないですが「時間」は期限なし(死ぬ直前まで)で値上がりを待てますからね。で、厚生労働省も遂に「抗体検査」をするようですね。どのような検査キットを使ってかな。せめて、スタンフォード大学と同程度に近いのを期待していますが・・。対象の抽出は無作為にしてね。お国のことですが、誤魔化さないようにね。
 4月25日(土)、緊急事態宣言とPCR検査数の問題。潜伏期間が14日ぐらいまでですよね。で、宣言から14日ぐらいから、依然と異なる基準でPCR検査を増やしてしまうと、以前のデータとの整合性が失われるのではとね。基準を同じぐらいにした場合と以前なら検査をしていないのにしたというのを分けるのも何か・・。どういうつもりなのでしょうね。増やすなら、もっと以前にふやしておくべきだったのではと思うのですが、受け入れ体制ができていないから・・。ようやく、軽症者や症状なしを病院以外で受け入れるというのができるようになったためでしたら、こんなの、もっと以前に方針を計画を立案しておくべきですよ。シミュレーションですよ。本来なら、以前通りなら減少してもとと思う時期ですよね。どう、解釈するのかな。医療崩壊でも欧米と日本では説明が違うように感じているのです。なにか、日本独自の基準かな。太平洋戦争に突入していった理由、で、完敗した理由が理解できそうです。原発事故もね。
 4月26日(日)、軽症から急激な重症化の要因の一つが喫煙かもね。重症化しやすい「基礎疾患」に糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方があげられていましたが。喫煙によって肺胞細胞の表面にウイルスが細胞内に侵入するときに足がかりとするタンパク質が増えるという研究結果が報告されましたよね。また、COPDのおもな要因は喫煙です。どうも、このタンパク質が多いほど肺胞細胞にウイルスが簡単に侵入できるということです。COPDほどでなくても喫煙によって肺は痛めつけられていますよね。そこにウイルスで多くの肺胞細胞が短時間でやられると急激な重症化になっていくのではと思うのです。また、ニコチン等は免疫力を低下させるともいわれているのですよね。病院では喫煙はできないですが、自宅では・・。喫煙で一度破壊された肺組織は回復しません。傷つきながらも生き残った組織で生活しているのが喫煙者です。そこに今回のコロナウイルスね。喫煙で足がかりのタンパク質が増えてしまって、数少ない生き残りの肺胞がウイルスによって破壊されるのことになるのですよ。男性が女性より重症化しやすい理由ではと推定しています。一度、喫煙で壊された肺は元に戻りませんが、もしもに備えて、生き残りの肺胞を壊さないようにするために禁煙しましょうね。ニコチンの免疫系に対する作用は1週間ほどで軽減されるようです。肺胞で血液は酸素を受け取ります。

|

« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No400 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No402 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No400 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No402 »