« 国際的な常識というか状況判断ができない国、日本かな。変化に弱い思考力のないエリートの多い国かな。 | トップページ | 進歩のできる社会とは »

2019年1月 6日 (日)

闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No332

感覚の回復具合について。といっても、体の一部分です。瞼とか鼻とかね。   クスリの飲み忘れで思うこと。私は現在、49日分余らせています。意識的にね。   夜、寝ることができないについて思うこと。   来月一日にスマホデビューをすることに。息子のお古のスマホをもらってです。   本日、大納会ですね。トランプさんのお陰か3年前の含み込みで水準に逆戻りです。   東洋経済のメルマガに『「日本語が読めない日本人」が案外いる』というのがありました。RST(リーディングスキルテスト)についてがあったのです。   食事や水分摂取で思うこと。栄養素や水分でいくらでも摂取してよいというのはなかったと思っています。また、不足もよくないですね。
 12月24日(月)、感覚の回復具合について。といっても、体の一部分です。瞼とか鼻とかね。コンタクトレンズを外した後、猛烈に痒みを感じていたのがウソのように感じなくなりました。また、突如復活なんて嫌ですが。痒みを感じていた期間は長かったですよ。また、コンタクトレンズ装着時の痛みも少なくなってきましたが、こちらは長期にわたることはなく、短期を繰り返しという感じね。ですから、感覚の回復は徐々に起こっているようです。これから他の部位を類推すと、例えば、筋力バランス、屈筋と伸筋の筋力バランスね。揺れが大きくなったり小さくなったりしながらということかもね。もっとも、楽に関節が動かせることができているというのがあってだと思いますけどね、痙性を高めてしまってでは関節可動をさせるのも一苦労ですよね。こんなので筋力微調整なんてないですよね。点鼻薬の効きが良いか悪いかを感じ取れるようにもね。苦しいというのではなくね。救急病院入院中はある意味点鼻薬を大量消費していましたが、今は一日1回で、この時に噴射を1回ですませることもできるようにね。点鼻薬も医薬品なので副作用がありますので注意しています。救急病院入院初日の夜にベッドから頭を下にしてぶら下がってしまったのですが、原因は鼻づまりでした。体を起こすと楽になるのでベッドの頭側をあげていたら、途中で意識不明に、ぶら下がってしまって、直ぐに意識回復ね。翌日、この要因の話をしたことが、入院中、車椅子をほぼ独占的に使わせてくれた理由かもね。ベッドに寝かせているより安全とね。普通、3~4ヶ月は持続的に使える点鼻薬を1ヶ月ほどで使ってしまいました。今は4ヶ月は持っています。医師への不信感は耳鼻科が最初だったかもね。肺がんの時に決定的にかな。それなりに勉強していますのでアラが判るのですよ。
 12月25日(火)、クスリの飲み忘れで思うこと。私は現在、49日分余らせています。意識的にね。開業医を転院したときに在庫が16日分あったのでそこからの出発です。前の主治医は大雑把に処方していたので飲み忘れがなくても余りました。今の処方箋プリンターはせこいですから、きっちりとしか処方しません。最小量にしてから、最短でも1週に1回、服用しない時を意識的に実行してね。で、何時、服用していなかったか判るように記録も取ってね。血圧測定結果と照らし合わせができます。基本的には影響なしです。それだけ、体の中に溜まっていることかな。血液中に滞留する医薬品、標的細胞中に滞留する医薬品とかがあります。中には結構速く排出される医薬品もあります。さっさと排出される医薬品の場合、飲み忘れが影響しやすいかな。滞留するのは場合によると数ヶ月は・・だったりしてね。飲み忘れが頻発してきているというのは認知症の恐れもあると思いますが、多剤処方されているほど、多く処方されているほど、認知症になりやすいみたいです。そして、副作用が出やすくなります。1日の服用で5種類以上は要注意というのもあるのですけどね。身内で10数種類服用していたのが大学病院入院で減らされたのがいました。半減以下にだったかな。セカンドオピニオンは手術の時だけではなく、日常の処方薬についても必要だと思います。ところで、どうしても服用したいのに忘れるという場合は調剤薬局等に服用薬を一日分ずつわけて保管できるのがありますよね。朝昼夕寝る前にもわけてね。日にちも書いてもらって目立つところにおいておくという方法もありますが・・。医薬品は必要最小量にしてもらいましょうね。その方が頭もすっきりしますよ。降圧薬では尿関係もすっきりしますよ。降圧薬では効き過ぎは意識喪失(お風呂では溺死ね)や脳梗塞の恐れですよ。高い場合はよくご存じですね。
 12月26日(水)、夜、寝ることができないについて思うこと。勤務等で夜間に睡眠時間のとれない方は別ですよね。そう、普通に夜間に睡眠時間が確保できるのに寝れないという場合ね。独断と偏見に満ちた見解かもね。過去の入院のうち、2回目の時に同室者が「夜寝ることができないから昼間に寝る」とね。この場合は単に「アホか」でした。人間の一日あたりの必要睡眠時間は6~10時間ぐらいかな。それを昼間に寝てしまうと・・。高齢者でも多いパターンかもね。昔は照明等の問題もあったので昼夜逆転は少なかったかもね。引きこもりの中には他の人との接触を少なくするのに昼夜逆転は有効かもね。で、普通なのにと思われるのに昼夜逆転は「しっかりとした睡眠でなくて寝ているのは結構疲れる」ということですよね。そして、筋肉動作が減少すると脳の活性化がされなくなり、脳の疲労感が減少してしまいます。で、脳が昼夜問わずに活動レベルが低下したままになっていって、いつも「眠たい」で日中も寝ると夜間も寝られなくなりますよね。この場合、睡眠薬を使っても日中の活動レベルが低いままですから、昼間も眠たいですかな。日中、活動しての睡眠薬はまだ許せると思いますが短期間で服用を止めましょうね。私は睡眠導入剤を一回服用しただけで止めました。病院側も処方しなくなりました。気がついてら「裸」になっていたのでした。リハビリ病院ではこの話をすると睡眠薬の話はなくなりました。ストレスがたまっている方等は何らかの方法でストレス解消ができれば、夜間寝ることができるようになるのかな。単に活動不足と思われる方は日中に活動しましょうよ。今回の救急病院入院中当初の不眠は活動不足でした。で、日中車椅子着座生活とリハビリで寝ることができるようにね。椅子に座って背筋をまっすぐ伸ばしての生活でも結構な疲労感があったということかな。不眠の原因にはいろいろありますので、日中活動を増やしても改善されない場合は藪医者と相談かな。名医は少ないですよ。「寝酒」はアルコール分があるうちはよいですが代謝されてアセトアルデヒドになると睡眠を妨げるとね。実質、寝不足にというのですが。
 12月27日(木)、来月一日にスマホデビューをすることに。息子のお古のスマホをもらってです。MVNO業者の一つと契約しました。解約手数料無料ということです。データ通信のみにしました。最近の決済手段として・・Payとかが増えていますよね。友人とかと会食したときの割り勘とか現金お受け渡しが面倒くさいですよね。あるPayでは割り勘の決済もできるというのですよ。その昔、コンビニに弁当とかを買いにいくとき同僚に頼まれて、後で面倒な釣り銭受け渡しがあったのでした。私は早々に500円とか1000円とかを預かっていって、個別に精算してもらっておつりをレジ袋に入れて渡すというのをやり始めましたが。皆さん、懲りずに1円玉のやり取りを続けていました。交通系ICカードも自販機での小銭から逃げたかったからね。スマホのバーコード決済は高価な端末を小売店側が用意する必要がないということなので普及すると思ってね。家ではルーターのWifiができるのでね。少しのことでPCを立ち上げる必要がなくなればという思いもです。通話や通話の基本料とかは日割りもあるのですが、データ通信はないようなので一昨日申し込んでですから、SIMが郵送されてきて通信開始を1月1日以降にするつもりです。その昔、PHSはドコモショップに出向いて契約しましたが、PHS停止で解約ね。次の携帯からはネットで発注するという方法でしています。で、ソフトバンクモバイルの株式を購入したのですが、優待もくそもなしに別の会社に契約ね。MVNOでどの事業者の回線にするかはどのSIMロックのスマホをもらうかで決まってきます。あくまでも「貰う」ね。スマホなんて通信機能付き超小型PCですよね。ちゃんとウイルス対策ソフトも購入していますよ。事業者の提供するウイルス対策もありますが「たけー」の一言ね。何らかのウイルス対策ソフトは導入しようね。
 12月28日(金)、本日、大納会ですね。トランプさんのお陰か3年前の含み込みで水準に逆戻りです。そして、乱高下、度胸で主部という手もありますが・・。いっそのこともっと下落してくれると注文が出しやすいのですけどね。下落が大きいほど注文がしやすくなるのですが。キャッシュ残高が限度になりますよね。ところで信用取引はキャッシュ内での買い、現物保有株数内での売りということを厳守しています。宵越しの借りは持たないということね。今回のように大納会と大発会の間が開いているときはさらに金利や貸株料がかさみますよね。25日に信用売りをして本日貸株が発生して受け渡しが大発会で逆日歩がつくと悲惨ですよ。マクドの優待狙いで今回信用売りと現物買いをセットでされた方はこのパターンにあたります。逆日歩がついていましたよ。優待狙いは買い切りでしています。一度、試しにドトールでしたことがあるのですが、後出し逆日歩がきっちりついていたのでこの方法はやらないことにしています。もっとも見込み優待価格のほうが多かったですが・・。そう、逆日歩は後出しなのですよ。信用売りをした翌営業日の昼前頃に判ります。信用売りした日とか関係なくそのタイミングで借りている株総てに対してです。今年のマクドでは現物購入で翌日売却で売却益が出ていましたよ。あのドトールの時もでしたが。信用売りと現物買いセットでの優待狙いも裏目にでることがあるのが株式投資ですよね。だから、優待も長期投資の一環として考えることにしています。NISAのロールオーバーはこの年末年始での投資の障害になりますよね。26日からは2019年分のNISAなのです。受け渡しが一月になるのでということです。申請の受付をもう少し早めて障害になる期間をなくすようにならないのかな。株の暴落は何時起こるのかは判らないですからね。暴落したら買い時というのが私の投資スタイルです。脳卒中で四肢のリハビリでは「楽な外力による関節可動域確保動作ができ続ける」というのが私のスタイルです。楽に他動で動かせていたら自力でも動かしやすいですよね。代償動作にもなりにくいと思います。
 12月29日(土)、東洋経済のメルマガに『「日本語が読めない日本人」が案外いる』というのがありました。RST(リーディングスキルテスト)についてがあったのです。「リーディングスキルテストは、国立情報学研究所を中心とした研究チームが、大学入試を突破する人工知能(AI)の研究を通して開発した、基本的読解力を測定するためのテストです。」といことです。「問題には以下の6つのタイプがあります。」というのです。『係り受け解析:文節どうしの関係性(主語と述語の関係、修飾語と被修飾語の関係)の理解」と「照応解決:指示代名詞が指すものや、省略された主語や目的語の理解」と「同義文判定:2文の意味が同一であるか」と「推論:文の構造を理解したうえで、常識等を動員して文の意味を理解する力」と「イメージ同定:文章と図形やグラフを比べて、内容が一致しているかどうかを認識する能力」と「具体例同定:定義を読んでそれと合致する具体例を認識する能力』ということです。過去に音読の大切さということを感じたことがあるのです。どういうことかというと文を詰まることなく音読できるというのはある程度以上その文を理解できているということが必要であるということです。ニュースアナウンサーは日々、訓練しているだと思いました。ネットでは玉石混淆ですよね。玉、優れた情報のところがあっても読解力がない場合は理解できないですよね。そして、なにがどう理解できないかも判らないとなると検索のしようがないですよね。大人でも結構いるというのです、「中学校教科書レベルが読解できない」というのが。ですから、国立大卒のセラピストさんが言ったから・・とかね。医師が言ったから・・とかで調べようとしないことになるのではとね。筋収縮で「筋肉は弛緩して伸びた後に収縮できる」という極基本的なことの理解も怪しい方が医師とかにもいるようなのです。腕とかで試したみたら判ると思うのですけどね。収縮して太く短くなった筋肉がさらに収縮できるのかということね。なにか難しいことでもいっていますか。手足で関節動作なしに筋収縮(その筋肉が短くなること)ができていますか。よく観察してね。
 12月30日(日)、食事や水分摂取で思うこと。栄養素や水分でいくらでも摂取してよいというのはなかったと思っています。また、不足もよくないですね。で、ある程度のボチボチの範囲にあればよいのではとね。また、ある程度の期間で増減があっても体が順調であればよいと思うのです。夏場は暑いので汗がよく出るので水分補給と塩分少々が必要ですね。呼気とともに水蒸気が放出されてもいますが、それを冬になっても水がぶ飲みですと、汗が出ないので尿で出すほかないですよね。さらにコーヒーみたいな利尿作用のある食品を摂取していたらじゃじゃ漏れですよね。季節に応じて摂取量に変化を与える必要があるのにね。尿は一日に1.5リットル前後が多いです。このうち、相当量が代謝によって体内で生産された水ですが、普通はそれ以上に腎臓から排出されるので水分補給が必要なのですが、寒いとこの代謝による水が急増します。急増できている間は体温を維持できているのかもね。それを過ぎると低体温にかな。この代謝に役立つのが柔軟な筋肉なのですよ。弛緩して楽に引き延ばすことのできる筋肉ね。そして、弛緩できるから筋ポンプ作用もありますよ。グルコース等も絶対必要ですが、ボチボチまでね。必須脂肪酸も絶対必要ですがボチボチまでね。必須アミノ酸も絶対必要ですがボチボチまでね。ビタミン類の絶対必要ですがボチボチまでね。水分摂取も絶対必要ですがボチボチまでね。このボチボチ量は各自によって異なることがあるので調べてみてね。昨日投稿のように現実の体と情報との合致度を理解できていないと栄養の過剰摂取や不足が起こりやすくなってしまうようですね。リハビリでも現実の筋肉の状況と思っているイメージの乖離があって痙縮とかに突き進んでしまうのではともね。日本の教育での評価が順位ですよね。覚えての得点順ですよね。理解できて活用できるかではないということも影響しているのかな。血がサラサラだとネバネバより出やすいですよね。よく、血液凝固抑制剤を服用していての脳出血は大惨事になりやすいということです。血液凝固は止血作用もあるのですけどね。傷口での止血や血管内での流れを止めるとかね。

|

« 国際的な常識というか状況判断ができない国、日本かな。変化に弱い思考力のないエリートの多い国かな。 | トップページ | 進歩のできる社会とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国際的な常識というか状況判断ができない国、日本かな。変化に弱い思考力のないエリートの多い国かな。 | トップページ | 進歩のできる社会とは »