« 8月15日が近づいてきました | トップページ | 自己検証が苦手な日本 »

2018年8月11日 (土)

闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No311

昨日の台風の進行方向右側だったようですが、住んでいるあたりでは大きな被害はなかったようです。   今年の猛暑で久しぶりに塩分補給   8月になりましたね。日の出の遅くなる程度や日没の早くなる程度が7月より大きくなりますよね。このまま、酷暑が続くようだとわんこの散歩に適している時間帯がすくなりますよね。   四肢の筋力調節の仕組み。   新しいハードコンタクトレンズを購入しました。   車椅子について。   東京医科大学での女性受験者への減点を行ったなどの根源。

 7月30日(月)、昨日の台風の進行方向右側だったようですが、住んでいるあたりでは大きな被害はなかったようです。昨日の朝のわんこの散歩は9時頃にいけました。いつもと違う経路を行ってくれました。そして、ウンチ2回というおまけもね。一体、何を食べているのか、与えているドッグフードからは想像できないのです。昨日の「健康カプセル ゲンキの時間」でタンパク質を高齢者もしっかり食べましょうでしたが、筋肉等を増やすにはタンパク質摂取とともに運動というのは必要なのですよ。なぜか、内臓の筋肉にも運動が影響しているようです。神経筋接合部でのアセチルコリン放出、興奮ニューロンよりの放出刺激が必要なのですよ。ボトックス痩身法ではこのアセチルコリン放出が抑えられるので筋肉が痩せるのですよ。ボトックスを効かせすぎると筋萎縮に向かってしまうのではということです。廃用症候群で筋肉では院萎縮ですよね。筋萎縮が起こるような状態ですと、骨新生も抑えられているのですよ。骨は常に破骨と骨新生をしていて作り替えられています。この骨新生には筋収縮という刺激が必要なのですよ。ボトックスで筋収縮を抑えるということは骨新生にも問題が出てくるかもですが、ボトックスでどうなのでしょうね。痙縮等みたいになっていたら、健常側の動作と合わせて何とかなるのかな。サボっているというのは健常側の運動もサボり?かな。こんなのにボトックスというのは骨粗鬆症に向かわせるみたいな気もしますがどうなのでしょうね。ですから、あの国立大卒のセラピストさんの解説が読みたいのですが、いかがでしょうか。ボトックスは間違うと筋肉量減少させるというがボトックス痩身法で明らかですね。1回での使用量とかがあると思いますが。
 7月31日(火)、今年の猛暑で久しぶりに塩分補給を考えて「塩分チャージタブレット」なるものを購入しました。結構おいしいですよ。学校保健会推薦ですから、普通によいと思うのですが、薬の副作用やアレルギーみたいな貧乏クジに当たったようなのです。おかげさまで便秘の心配がなくなったくらいようなおなかの具合になってしまうのです。サリドマイドみたいな副作用は作用機構ははっきりしていますが、睡眠導入剤での私へのあたりは説明できないタイプかもね。このタイプの方と思うのです。不良というのではなく外れかな。飴は暑い時期溶けて扱いにくいですよね。だれかが「塩飴で塩分取り過ぎ」とかいわれたことがあるのですが、塩分取り過ぎの前に糖分取り過ぎになる塩分量だったと記憶しています。キウイフルーツのジュースに少し塩分を加えるというような話もありますね。血液での塩分の方ナトリウムは血漿、液体部分に多いのですよね。だから、汗とともに多く出ていくことにね。ところが、ナトリウムのみが出て行くのでは他のイオンもついでに出て行くのでキウイフルーツのジュース等みたいにカリウムとかも含んでいる方がよいということです。バランスの問題ですけどね。気象庁はこの酷暑は災害にあたるともいっていますよね。災害の中に小学生を放置していて何とも思わない大人のいる国なのですね。私は自分が冷房が嫌いということで体温調節力を向上させてきたのです。そして、平熱が高めということもあって普通の方より耐熱性はあると思います。それで、体温調節能力向上の方法として、発汗能力向上を時々投稿しているのですよ。ただ、汗腺は乳幼児期からトレーニングが必要というものなのですよね。ですから、今、乳幼児を育てられている方は上手に汗腺トレーニングをさせてあげてね。下手すると熱中症?みたいになったりしますからね。虐待と間違われないように子供さんの様子をよく観察しながらね。体温調節能力はその人なりのトレーニングで向上しますよ。
 8月1日(水)、8月になりましたね。日の出の遅くなる程度や日没の早くなる程度が7月より大きくなりますよね。このまま、酷暑が続くようだとわんこの散歩に適している時間帯がすくなりますよね。やはり、明るい方がよいのでね。ところで、脳卒中になられた方、発症とともに筋力ゼロとかになりましたよね。筋肉量もゼロですか。もし、そうなら、体重激減ですよ。また、基礎代謝量激減になりますよね。でも、発症前と変わらない体重でしたよね。筋肉量の変化は徐々に起こる場合もありますが、サボりとかで下手にボトックスをすると筋萎縮に落とされてしまうかもね。筋力は脳の命令力の問題なのですよ。命令の種類には二通りかな。運動神経系興奮ニューロンを興奮させての筋収縮と運動神経系抑制ニューロンを活性化して運動神経系興奮ニューロンの興奮を抑制する弛緩させるのね。私みたいな感覚麻痺だけの場合でも脳が筋収縮命令を出さなくなってしまったのです。普通の健常者でも「火事場の馬鹿力の約30%ぐらい」が普通の時の最大筋力だとね。脳がもっと極端に制御してしまっているという感じですよね。ところで、私の筋肉の最大の問題は筋収縮の程度の制御ができないということです。筋力ではないのです。筋力的には握力31kgって少ない?。灯油入りポリタンクを持ち上げたりもね。でも、食事中に茶碗が持てない。腕が手の位置と形状の微調整をしようとして震えるからですよ。ボチボチの筋力が必要な生活動作ができないのですよ。これは筋力調整の仕組みからくることです。歩くといういうのは体重とかの重量を使うので上肢みたいな筋力調整は必要ないようなので惰性で歩けると思っています。例えば、健常者風に階段を昇降できるというので筋力不足なのかな。上肢では重たいものを持つというより、安定的に生活動作ができないということですよね。腕が暴れたりしてね。これは脳が筋力調整を試みているからですよ。で、実用には使えないのですよ。セルフサービスの飲食店でトレーを保持できない原因ね。筋力不足という前に筋力調整ができないということです。多くの方が筋トレに励んでボトックスへの道を歩まれたようですけどね。十分にほぐしながら取り組んで痙性を高めないようにね。
 8月2日(木)、四肢の筋力調節の仕組み。最大筋力みたいな時は多くの場合、対象の筋肉では筋肉は俗にいう「収縮」だと思います。あるいは、腕を振り回すとかですと、関係ある筋肉が順序よく収縮とか弛緩とかを連続的にしてかな。足は歩くとかの場合、このタイプになるのです。ところが上肢はこの手の連続もありますが、それより、一定の形状維持の動作も結構ありますよね。生活動作でね。茶碗を持つとかね。足と違いのは茶碗は小さく軽いのですよ。セルフサービスでのトレイにしても体重からみたら軽い軽い。これが持てない原因ですよ。細かい筋力的には楽でも精密な動作をするときに震えますよね。どうしてかというと、屈筋と伸筋を交互に短時間に交互に収縮と弛緩を繰り返して筋力調節をしているのですよ。下肢でも歩行中より立ち止まって立っているだけという時の方で足の震えを感じませんか。屈筋と伸筋を交互に繰り返し収縮ということの調節ができないのが我々なのですよ。筋力調節には「脳が運動神経に命令を出す。→筋肉が収縮する→筋肉の感覚器官から脳に収縮状況の報告がある。→大脳運動中枢や視床を介して小脳との連携によって修正された命令が運動神経に発令される→筋肉の収縮がやり直される→この収縮状況が脳に報告される→・・・」と延々と繰り返されるのですよ。ただ、脳の病気である脳卒中をしてしまったのでこのループのどこかが働いていないのですよ。この状態ではセルフサービスの飲食店のトレイなんて一定の状態に保持なんてできないですよ。筋力以前の問題です。運転の練習を始めたときのハンドル操作で筋トレされましたか。普通は感覚が得られたら、そこそこの操作になっていきましたよね。脳卒中では皮膚感覚の他に筋肉の感覚も脳に届かなくなってしまっているのですよ。大昔に広大な広場で自動車を無免許運転したことがありますが、調整しなくてよぴから楽に動かせました。脳卒中後の当座に動かせるようになっても広大な空き地でですよ。生活動作は狭い路地での運転とよく似ているかもね。自動車の場合、うまく運転できないからと馬力アップしますか。脳卒中後は馬力維持は必要ですが、痙縮にならないようにしてね。筋収縮には筋肉関係の感覚が必要なのですよ。でも、脳卒中での感覚麻痺ではこの感覚も麻痺しています。お忘れにならないようにね。
 8月3日(金)、新しいハードコンタクトレンズを購入しました。酸素透過性はその昔の酸素を透過させないのに比べてある問題があるのです。ソフトレンズでも長期使用型では同様の問題がね。レンズにこびり付くタンパク質除去というのが必要なのです。透過させないのはプラスチックのレンズみたいなのですから強力な洗剤で洗えばよいのですけど、透過型は洗浄液の洗浄力がよくないのです。レンズの質の問題でね。かといって、酸素透過型の方が角膜に圧倒的に優しいしね。私の経験ではブロージェントという塩素酸系のタンパク質除去剤がよいと思いますが、コンタクトレンズによっては使用できないです。また、タンパク質除去後の水洗いは十分いおこなう必要があります。3~5年ぐらいで買い換えかな。円錐角膜では角膜移植かハードコンタクトレンズです。某大学のサイトの説明にいまいち納得していないのですが、ハードコンタクトレンズでの矯正の原理が出ています。ですから、円錐角膜では移植かハードコンタクトレンズですので、ハードコンタクトレンズを処方しない医師は円錐角膜では藪ですよ。処方できないのなら、移植してもらえるところを紹介することね。それも、患者が楽に行けるところをね。アメリカまで移植のために渡航される方が結構おられるようです。ところで、感覚麻痺で動作させすぎると痙性が高くなりやすいのは感覚麻痺だからですよ。なにがというと、筋肉の感覚と皮膚感覚等がないので運動神経系抑制ニューロンを活性化できないからだと思います。運動神経系興奮ニューロン興奮亢進状態で酷くなると破傷風の重症者と屈曲腕等がよく似ていると思います。運動神経系興奮ニューロン興奮亢進であるというが同じだと考えられるのですよ。抑制ニューロンを活性化できていたら興奮ニューロンが興奮したままにはならないと考えられるからですよ。筋トレ等の後ほど解すとかストレッチとか十分にしましょうね。それでも、痙性が高まるようなら動作を減らすとか中止してみるとかを考えてみましょうね。
 8月4日(土)、車椅子について。相当以前に投稿していますが、鳥取県でしたかな、ある施設でいろいろな部位の調整ができる車椅子を導入して、使用したら効果が上がったというものでした。施設ですから使い回しの必要から調整機能ね。個人で購入するのでしたら、特注でぴったりのを作るのがよいと思います。この施設での実例にあったのが認知症的だった90歳以上だったか、調整の効く車椅子にしてぴったりにしたら事務室に新聞を読みに来るまでに回復したとね。すべてではないと思いますが、改善される方は多いと思います。車椅子って近所のホームセンターで15000円ぐらいで売っていました。どうも、私にはぴったりかもね。調整できる車椅子のお値段は、その記事では15万円以上だったと記憶しています。長時間座るような椅子では購入時には何回も座ってみてできるだけぴったりのを購入するのがよいともね。体のつくりは微妙に各自異なるのですよ。そして、感じ方もね。ですから、特注というのはある意味、最終的にはお安くなる可能性が高いと思うのです。私がお安いので良さそうというのは病院で使わしてもらったので特に問題がなかったからです。また、クッション等で微調整ができる場合もあったしね。おかげでリハビリ病院では車椅子暴走族になることもできました。「車椅子着座での両足使用ちょこちょこ歩行」なる方法でね。これは車椅子が体にぴったりだったからですよね。その上、ほぼ日中はその車椅子に座っていましたしね。車イスの特注メーカーは他の方が投稿されているようなのでそちらもご覧になってください。特注がそれなりに生き残っているというのはメリットがあるからです。車イスはできたら特注も考えられた方が回復が早くなる可能性とかが高くなると思います。私って体が安物向きにできているのかな。
 8月5日(日)、東京医科大学での女性受験者への減点を行ったなどの根源。はっきりいって「改革意欲の欠如」、「現状を最善との思い」、「思考能力の欠如」とかが蔓延しているからだともね。別に東京医科大学だけではないですよ。ブラック企業もだよ。ブラック校則に疑問を感じない教師たちもね。自由民主党もかなというか政党も軒並みかもね。私も五十歩百歩かもね。「リハビリで動作がうまくできない」というとすぐに筋力不足で筋トレというのもね。今、女性の働きやすい企業の方が一般的に業績もよいとね。男性も働きやすいようですね。だいぶん前に看護師さんの大福餅で助かったという投稿がありましたね。入院中なら、ブドウ糖点滴でもできそうだし、簡単に血糖値測定もできるのに行われず、大福餅というのはお餅以外は医師の指示が必要なのですよ。何もかも医師の指示が必要とかにするから、医師が忙しくなって勉強とかもできなくなってきているのではとね。勉強ができないから、それで、効率的な医療ができなくなってとかね。よりよくするためにというのは、従業員の方も「働きやすく」というのがあると、その仕事のミス等も減ると思いますし、受け手の方も利益をより享受できるはずですよね。ブラック校則は教育評価の問題も絡んでいますよ。日本で今「優秀」といっているのは「記憶力テストでの順位」ですよね。それと「弊害だらけの根性論」とかもかな。新しいことへの対応力やイノベーション力とかではないですよね。医薬品の副作用とは服用した患者に現れる主作用以外の作用ですよね。何が出るかは患者によって違うのに「作用機構は」とかいうのは副作用を見逃すことになりますよね。副作用の出ない患者が多いですけどね。そうそう、感覚麻痺では筋肉の感覚も麻痺するのでどのくらい力が出ているのか、どのくらい伸びているのか縮んでいるのかという関節動作に必要な情報が脳に届いてないのですよ。うまく動作できるはずはないのにね。

|

« 8月15日が近づいてきました | トップページ | 自己検証が苦手な日本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月15日が近づいてきました | トップページ | 自己検証が苦手な日本 »