« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No262 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No263 »

2017年9月 3日 (日)

日本は地下経済が大きい国かのか

 政務活動費等の領収書を発行したところは当然その金額の収入があったはずですから、税務申告では必ず計上しているはずですよね。わりと小企業が多いようなので収支に大きな影響があると思うのですよ。
 契約書で同一案件でいくつかの金額の契約書を発行した企業は最終的にどの金額での入金となったのでしょうね。領収書を出す段階との相違はどの程度なのでしょうね。
 その昔、医療費控除で領収書を発行しない歯科医では適当な金額を医療費控除で申告したら認められていたという話もありました。今は普通の歯科医は領収書を発行していますからできないことですが。
 政務活動費の領収書のことから思うことは日本もブラックマネーのはびこっている社会かなと思います。だから、マイナンバーカードにいろいろケチをつけるのですよ。だから、現金取引が好きなのですよ。
 ブラックマネーの問題を解決するには決済の電子化がよいのかもね、インドみたいにね。経済の透明化で巨大な反対勢力があると感じています。森友等は表面に出てきた一部かな。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No262 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No263 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No262 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No263 »