« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No254 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No255 »

2017年7月 9日 (日)

日常の業務記録と公文書等の保管と公開

 これらがなっていない日本。敗戦のドサクサに在郷軍人会までもが文書を焼却処分した日本。
 先日もあるSNSで、特攻に関連する施設を訪ねてという投稿を目にしました。で、「特攻と覚醒剤(ヒロポン)」が気になって調べたのですが、敗戦のドサクサに廃棄処分されたようなのです。
 当時、結構ヒロポンは市販もされていたようですが、やはり、量によってはということですよ。でも、関係書類が・・で当時の軍医も?を決め込んでいたような投稿がありました。
 特攻の出陣では「陛下よりの・・」とかでヒロポン入りが配られたという話も聞いたことがあるのです。日本人は記録好きという面があって、アメリカ軍は捕虜の日記に注目していたという話もね。でも、日本軍の悪行にかかわるようなことになる記録のないことね。沖縄戦での県民に対する所行の記録もかな。
 この伝統が今も根付いているのですね、日本では。
 だから、「歴史を鏡とする」ができないのです。そして、司馬遼太郎氏の「雑談 昭和への道」で語られた「自己解剖の勇気」のないことね。特に行政機構とかかな。
 結局は根本が同じようなことによる失敗で日本は、また、破滅するのかな。自滅ですよ。
 これを防ぐ手段の一つして「日常の業務記録と公文書等の保管と公開」が必要です。
 報道への圧力は正常な国家運営の敵です。治安維持法の暗黒時代に戻らないように取り組む必要があります。当時はこれらで「自滅」への道を突き進んだのですよ。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No254 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No255 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No254 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No255 »