« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No199 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No200 »

2016年6月19日 (日)

ポツダム宣言受諾が遅れていたらどうなっていたかな。

 桝添氏、漸く辞任しましたね。進退窮まってという感じですかな。で、2020年には東京都知事選挙とオリンピックかな。特例対応ができたら、選挙時期をずらせると思います。硬直的思考でしたら同時のままか、3代続けての不祥事による早期辞任かな。
 ところで、ポツダム宣言受諾が遅れていたらどうなっていたかな。
 昭和天皇が決断に踏み切ったのは残念ながら原爆であったかもね。軍部は一億玉砕でしたよね。
 当時は1945年3月10日東京大空襲、4月沖縄戦、5月ドイツ降伏文書調印、7月アメリカ初の核実験成功、8月原爆投下、原爆が投下されても「一億玉砕」の軍部、ソ連参戦、陛下の決断の順かな。
 日本は南からアメリカ、北からのソビエトによる分割が考えられる状況になっていたとも思うのです。分割されることから救ってくれたのが憲法では政治的権限のなかった昭和天皇の憲法違反的行為だったのですよ。
 天皇陛下をここまで追い込んだのが当時の軍部と政権上層部ですよね。当時の軍部と政権上層部はメンツのみに拘っていた感じね。一泡吹かせてやりたいとかね。国民のことを全く考えていないとか思えないのですよ。
 昭和天皇によって救われた日本ですよ。だから、合祀以降、陛下は靖国神社には行っていないはずです。
この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No199 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No200 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No199 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No200 »