« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No191 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No192 »

2016年4月24日 (日)

人格障害などについてもっと勉強しましょう。

 熊本地震でお亡くなりになられた方へお悔やみ申し上げます。被災された方へお見舞い申し上げます。
 震度4以上の頻発で被害が拡大していますし、直下型ということでも被害拡大でした。
 ところで、表題の「人格障害」ですが、過小に考えられているのではとね。
 アルコール中毒などの薬物中毒の治療で有害薬物を摂取させないというのがありますよね。禁断症状が見えなくなって退院とかのようですが、再発率が高いですよね。
 それは「薬物にのめり込むような人格が形成されている」ということを無視した治療が多いからではと思うのです。何かにのめり込むことで人格を安定させようとする傾向です。
 斉藤学氏の著書に「素面のアル中」という概念がありました。この素面のアル中と普通のアル中とには人格的に共通点があるとね。何かにのめり込むということであったり、過去の自慢話をしたり、権威主義であったりとか、・・でした。何かにのめりこむというのはストーカーにも通じるかな。
 で、生育歴から考えることもできるようです。治療には「人格の再構成」が有効であるともね。
 ですから、説教や反省文などでは根本が変わっていないのではと思うのです。ですから、ストーカー行為が繰り返されるのですよ。
 人格形成期の大切さね。そのためには親にゆとりが必要なのですよ。周りも子育てを温かい目で見守る必要性ね。
 
この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No191 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No192 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No191 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No192 »