« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No183 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No184 »

2016年2月21日 (日)

混乱株式市場や為替相場で思うこと

 モーニングサテライトぐらいしか経済番組を見ていないのですが、その解説とから思うことね。「安全資産としての円」とかアメリカでは思われているようです。経済規模が停滞ないし縮小の国の通貨が経済規模が拡大、持続的に拡大しているとおぼしきドルより安全なのかね。金は説の原理での安全資産ですが、食料にはならないですね。最終的には食い物かな。でも、日持ちが金に比べて悪すぎます。
 さすがにリーマンショック時までの格付け信仰は消えたのかな。格付け信仰があればアメリカ国債の方だよね。当時は格付けで大損したものね。
 原油価格下落でどうして被し相場痩躯連れなの。損する部門もあれば、価格低下で儲けの出る部門もあるはずだのにね。もう、「早い者勝ち」原理の株式売買だからかな。プロは高速取引だから、庶民は待ち構える株式売買しかできないですよね。或いは小型株主体かな。
 中国経済の減速ですが、あくまでも原則みたい。どこかの国の後退ではないようです。過去に日本も陥った未来への推計のちょんぼからくるものだと思います。また、原則は当然起こります。地球は有限だからね。
 企業等で乗り越える方法は今までにない新市場を作り出すほかないと思います。ところが、プロが日本の地方空港需要予測(外れの例)を懲りずに続けている感じです。
 中国の景気減速ですが、人口動態等から予測できることですよ。でも、中国国内自体がバブル状態にあるようです。期待しているアメリカの投機筋もかな。日本の第二次べービーブーム世代が大学進学にさしかかった頃に大学新設にはしった投資家がいましたが数年でドボン。よくにていますかな 。目先しか見ていないというのは今も昔もかな。
 サブプライムローン債権の証券を格付けだけで飛びついたのも同類だったですよね。金融工学云々とかいっても自分の頭で考えて疑問を持った場合は手出しを止める方がよいと思ったので、株式の直接投資や金の直接投資などが安全確実かな。
 世間の噂で走り回っているプロ投資家や素人が多いと感じているこの頃です。でも、私は損はしていないよ。預金金利以上は稼いでいます。世間の常識的利回りを上回るような投資話は詐欺かな。儲け話があれば、自分でしますよ。その方が儲けが多くなるのでね。だれか、ネタはないですか。ヒントだけでいいですよ。
 投資信託と格付けへの不信、どちらも手数料のみを目的もできるものね。投資信託の運用で損失を出しても収入は確保できるし、格付けでは格付け会社の責任は追及できないしね。格付けは参考程度の前提ですよね。リーマンショックのころには格付け命みたいなのがアメリカに沢山生息していたみたいですけどね。それと、CDSのリスクの押し付け合いもか。
この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No183 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No184 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No183 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No184 »