« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No177 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No178 »

2016年1月11日 (月)

北朝鮮が核実験実施

 またまた、核実験をしましたね。
 で、今の金正恩体制にどうしてなったのかの憶測ね。金正日の息子で一番制御しやすいと側近が思っていたのではとね。
 ところが、大外れで指導力を発揮していますね。側近の粛清が手際よくおこなわれたという感じね。寓話の「裸の王様」の状況に落ち込みやすくなっているのではと感じます。
 指導力の一つが核開発かな。側近以下は命令に背くわけにもいかず、実施したと思うのです。
 水爆であると発表していますが、水爆には起爆剤として原爆が必要ですし、原爆としての臨界量というものがあるので今回のは起爆剤として使える原爆の開発のため程度の爆発力という報道もありますね。
 起爆剤の原爆の爆発力よりいくらか大きい爆発力に制御できることができるのでしたら、今回の実験は水爆ともね。過去にビキニ環礁でのアメリカの水爆実験は計算ミスをしたというのです。過小評価ね。イスラエルは実験抜きで核爆弾を保有しているという噂もありますよね。
 弾道ミサイルの開発もね。ビキニ環礁での水爆は当時の爆撃機では運搬できなかったと言うことですが、今回のが小型化への実験ですと、弾道ミサイルと合わせて非常に脅威になるわけですよね。水爆の小型軽量化はまず、ソビエトで成功したとも。次にアメリカかな。
 裸の王様への道を歩み続けると・・。
 それと北朝鮮で政権崩壊でもおこると、崩壊のドサクサに核弾頭付きのミサイルが発射される危険性が一段と高まってきたと思います。北朝鮮の弾道ミサイルはどこに飛ぶか予測できないのではともね。
 最近はとりとめのない「言いたいこと」ですみません。
この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No177 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No178 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No177 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No178 »