« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No156 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No157 »

2015年8月16日 (日)

首相補佐官が本音、武藤議員が本音を。安倍政権の本音を暴露してくれていますね。

 安保関連法案について「法的安定性は関係ない」とか述べたようですね。昨日を敗戦記念日とした先の大戦への道は軍上層部に上れない跳ね上がりが満州事変とかを起こしていって、それを軍上層部が処罰せずに泳がせていたのも大きな原因ではとね。この「跳ね上がり」は関東大震災の時にデマを流布して朝鮮人を虐殺したというのです。で、満州に飛ばされたとね。
 でも、軍上層部も同様な考えを持っていたから満州でがたがたできたのでしょうね。
 同様に考えると今回のことでの安倍首相の対応が当時の軍上層部と同様に思えるのです。あの憲法解釈変更の根底に流れている考え方ね。
 「いつでも都合の良いように解釈すれば良いと」いう考え方ね。これは法治国家ではないですよ。日本独特の集団独裁ね。それはマスコミの自主規制の強さに表れています。
 安倍首相が東条英機首相のようにならないようにするためには「法的安定性を確立し、報道の自由を自主規制しなくて良いように認めて、自由な報道をしてもらう必要がある」と考えます。
 中国以上に報道規制の掛かっている国ですよ、日本は。
 また、国が滅ぶことのないように、まずは「憲法解釈変更での安保法案」はやめて、法的手続きを順に踏んで行くべきですよ。
 第二次世界大戦等での特攻等ですが、「特攻、特攻、志願者はおらぬか」とか先導していたのが敗戦時に軍民を残したまま本土に逃げ帰っていたはずだよ。玉砕でも栗林中将は貧乏くじかな。「一億玉砕」とか叫んでいたのは本土でぬくぬくといたと思っています。自分が死ぬことがないので叫ぶことができるのですよ。
 ノモンハン事件で死傷率70%以上になりましたが、部隊の司令官は「日本の軍人さんは強いと聞いているから、・・・」といったと司馬遼太郎氏が「雑談 昭和への道」で述べられていました。現実のリアリズムがないのですよ。自由民主党とかはバーチャルの世界に生活しているのかね。
 ドラクエの「ホイミ」や「ベホマ」や「ザオリク」とかでも使えると勘違いをしているのかな。このようなのはないから死ぬのが怖いというのが普通ですよ。
 自由民主党の本音でないのなら、罷免や除名するべきですよ。
この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No156 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No157 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No156 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活(完全復活を目指して)  No157 »