« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活  No77 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活  No78 »

2014年2月 2日 (日)

経験不足になるような風潮

 いつの頃からか「促成」というのかな、「すぐに役立つ」ということが強く強く求められるようになってきているような気がします。この裏返し的に「役に立たないもの(そのときにね)」を排除しようとする方向ですね。
 即戦力になるような人材を求めているところがやたらと増えましたね。そのようなところは自身のところでは養成しないということかな。そうすると「マニュアル人間」の養成かな。自身で考えて行動できるようにするには「マニュアル人間」を養成するより手間暇が掛かると思うのです。
 学習では「過去問や類似問題演習」などでしたことのある問題には強いですが、ちょっとひねるとお陀仏というのが多いみたいですね。大学入試センター試験の数学は別解も考えないとだめみたいだし、生物は読解力が大きかったですね。あるところの高校入試で過去問をちょとひねったのが出題されたようですが、全滅みたいだったとか。マニュアル化人間の養成の成果かな。
 だから、株式などでのアルゴリズム取引ね。考えて投資ではなく、パターン化投資ね。多くの皆さん、一斉に同方向かな。だから、早い者勝ちね。経験則なんてないですよ。ただ、中央銀行などは経験も大切にしているみたいですね。何も経験を大切にしない政治家さん。「河野談話にいちゃもんをつけようとする」みたいなド助平の維新の会かな。女性はみな助平とでも思い込んでいるのかな。
 日本を、天皇制をつぶされたらどうなるのかな。この両方をしようとした先の大戦、一億玉砕と本土決戦ね。玉砕を各地で実績を積んだ大戦。天皇陛下の御英断で避けることができた一億玉砕と本土決戦、忘れないようにしてほしいです。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活  No77 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活  No78 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活  No77 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活  No78 »