« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活  No70 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活  No71 »

2013年12月15日 (日)

内部の敵

 北朝鮮でNo2といわれる人物が「反逆」かな、粛正されましたね。そして、先代の葬儀の時に棺に寄り添っていた人8人のうち、5人が消えたみたいです。政権運営や団体や会社などで「内部の敵」の摘発が増えているときは「内部矛盾」をおこして、政権維持だけが目的になっているようなのです。
 そして、訳のわからない施策や方針が喧伝されることになるのかな。日本赤軍の崩壊も「内部の敵」、カンボジアのポルポト政権も「内部の敵」で自滅ね。
 ただ、北朝鮮の自滅の時、「自爆」というはた迷惑なことが起こる危険性があると思います。怖い、怖い。
 企業でも、日本郵便の「年賀状ノルマ」ですが、達成しないのは「内部の敵」と見なされるのかな。年賀状の販売枚数は販促しても増えないですよ。前年の投函数より少し減少するのが今の社会的には常識かも。従業員いじめのブラック企業そのものね。チケット屋に流れて、郵便局での販売枚数が減少ね。我々としては従業員のため、せっせとチケット屋で購入しましょう。
 効果のある対策かどうかね。ヤマダ電機がまたいわれていますが、家電の販売額は地域でみると増えないですよ。そして、ある程度シェアをとると「頭打ち」が普通だよ。画期的な消費を呼び起こす商品を仕入れることだよ。頭を使いなさいよ。プロなら。達成できないのは「内部の敵」?

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活  No70 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活  No71 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活  No70 | トップページ | 闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活  No71 »