« 日本の為政者に多いパターンかな。「固定観念」 | トップページ | 光速より速い?ニュートリノ実験結果「検証求める」 »

2011年9月22日 (木)

国債の発行に暗雲

 2011年9月18日読売新聞配信の記事に「国と地方の借金、個人資産1110兆円上回る?」というのがありました。詳しくはサイトか新聞で。
 ここでいう個人資産とは個人の記入資産から負債を引いた「純資産」ということです。この純資産と国・地方の中長期債務残高に政府短期証券などを加えた「借金の総額」の比較です。
 この20日の日本銀行が発表する6月末の統計を見ていないので何ともいえないのですが、今回越えなくても近い将来、個人資産を越える可能性があるということですね。そうすると、国債などの日本国内消化が難しくなっていくということでしょうね。
 ギリシャとかより、日本は借金財政のはずです。そして、国内消化が出来ているということでもっといるのですね。国内で売れなくなってから慌てるより、この五十嵐文彦財務副大臣のいうことが現実になる前に国債などの総量の削減策を考えるときがきていると思います。
 ギリシャより高率の消費税とかになる前に行動に取り組むべきですが、「原因と結果」の因果関係が理解できないようね教育をしていては「日本沈没」ですかな。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 日本の為政者に多いパターンかな。「固定観念」 | トップページ | 光速より速い?ニュートリノ実験結果「検証求める」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本の為政者に多いパターンかな。「固定観念」 | トップページ | 光速より速い?ニュートリノ実験結果「検証求める」 »