« 日本の世界遺産16件に | トップページ | 原発事故、B型肝炎訴訟、水俣病、などなどの共通点 »

2011年6月28日 (火)

後の首相候補が見えない

 2011年6月28日には、記者会見や民主党の両院総会等で菅首相の退陣時期についてありましたね。まあ、あのような「政治主導」をおこなうような政党ですから、だれがやってももたつくでしょうね。それを、菅首相の責任とかいっているのはどこのだれかな。それより、民主党が再生する必要があるのではと思っています。
 後任候補ですが、前首相や元代表は止めていただきたい。あの1年で国政をかき回すだけという感じを持ってしまいました。ですから、そのグループからというのにも抵抗感を持っています。大体から、先の参議院選挙の敗因理由も世論調査の項目の悪さが出てしまったのではと思います。消費税より、もっと民主党の評価を下げてからの菅首相登場ですからね。
 現在の自由民主党は安倍政権の時、参議院選で敗北して、参議院で民主党などが過半数を抑えたときの民主党など(主に民主党)の「官僚ダメ」とかの一点張りの態度などがありましたね。その恨みを晴らすみたいな態度と感じてしまっています。政権担当能力に大いに疑問符がつきます。民主党は連立で国民新党の要求丸呑みみたいに「元官僚」を日本郵政の社長にしました。節操なんてないと感じてしまったのは私だけでしょうか。
 ようは、ここ5年ほどですかな、日本から「政策」が消えて「政局」のみになって、さらに、悪い形の「政治主導」という重しまでついたのが「菅政権」かな。いったい、辞任とかいっている国会議員は次の首相として最適な人が今の国会にいると考えているのでしょうね。でも、何人かはさらに震災復興や社会保障改革やその他で国民(特に若い世代)に大きな負担を強いるような無茶をしそうなので、怖いです。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 日本の世界遺産16件に | トップページ | 原発事故、B型肝炎訴訟、水俣病、などなどの共通点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本の世界遺産16件に | トップページ | 原発事故、B型肝炎訴訟、水俣病、などなどの共通点 »