« 常識があるのでしょうか。「転入者に放射線検査要求」 | トップページ | 消えゆく不純物を含む製品 »

2011年4月21日 (木)

どうして、今頃まで掛かったのか。「原発20キロ圏内の家畜、全額補償へ 農水省方針」

 4月21日に朝日新聞のサイトで「原発20キロ圏内の家畜、全額補償へ 農水省方針」という見出しの記事を見つけました。詳しくは朝日新聞で。
 ところで、今回の避難は地震が切っ掛けにはなっていますが、他の原子力発電所では避難指示等はおこなわれいませんね。どうして、東京電力福島第一原子力発電所の周辺だけなのかいうことです。その要因を考えると天災ではなく「人災」であるといえるのですね。
 少ししか離れていない第二原子力発電所は低温冷却にもっていっているようです。作りに違いがあって、タービン建て屋と原子炉との位置関係が第一とは逆になっているのですね。第一原子力発電所が安全なのなら、どうして第二原子力発電所で配置等を変えたのでしょうか。やはり、不安があったからでしょうね。なら、どうして第一原子力発電所で改修工事をしなかったのかということになります。
 そして、対策などをしていないにも係わらず、国会や県議会や市議会などで原子力保安院は「安全」といってきているのですね。事故が起こってしまったのですから「人災」ですよ。なら、原因者が被害者に全額補償するのが当たり前では。それを1ヶ月以上経ってからでは遅すぎますよ。
 この考え方は家畜だけではなく、農産物やその他の損害も当然全額にしてほしいですね。「その他の損害」にはどのようなものが含まれるでしょうか。気になるところです。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 常識があるのでしょうか。「転入者に放射線検査要求」 | トップページ | 消えゆく不純物を含む製品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 常識があるのでしょうか。「転入者に放射線検査要求」 | トップページ | 消えゆく不純物を含む製品 »