« 日本での企業の求人活動について | トップページ | 社会保障を含む行政での国民負担率見通し 38.8% »

2011年2月 4日 (金)

トイレをきれいに精巣しましょう

 2月3日にYahooで見つけた記事に東京ウォーカー配信記事に「トイレ掃除を“する”か“しない”かで世帯年収に90万円の差!?」というのがありました。何年か前に日本経済新聞文化面にでた「トイレ清掃に学ぶ会」の話を読んだことがあります。こちらの方は探せば、この紙面が出てくるはずです。
 Yahooの記事は『ライオンは、今回、20~39歳の男女490人に対して「トイレの清潔さに関する比較調査」を実施。』というものです。風水とかでも『「トイレをキレイにしていると、金運がアップする」などといわれている』のですね。それで、トイレの状況から『“ピカピカトイレ派(245人)”と“残念トイレ派(245人/トイレをキレイにしていない人のこと)”の2派に分け』て調査しています。
 例えば、「金運」ですと、ぴかぴかの方があるという答えが多かったとか。年収についても聞いているのですね。そうすると、『“ピカピカトイレ派”の平均個人年収は261万円、“残念トイレ派”の平均個人年収は237万円となり、24万円の差が出てしまったのだ。そして、「世帯年収」についても聞くと、“ピカピカトイレ派”の平均は542万円、“残念トイレ派”の平均は454万円。なんと、90万円近くの差が出る結果となった。』ということです。この理由はトイレがきれいと友人とかを家の招いたりすることができるので、社交性の高さなどにつながって仕事等にも有利に働くのではとかです。
 「トイレ清掃に学ぶ会」の方も人間関係へのよい影響の事例がいくつか挙がっていました。そして、なにより、トイレ清掃をしている本人の人格向上が大きな理由かもしれないですね。ただ、「トイレ清掃に学ぶ会」は「素手」が基本だそうです。それも、公共施設などでとか。ピカピカ派とかの調査は基本は自宅トイレのようです。自宅トイレがきれいな人は他の場所のトイレを美しく使うのが多いのではとも思います。
 そして、もし汚れを見つけたら「即清掃」、これが基本とか。実行力が伴ってくるのでしょうね。その結果が仕事にも出て、年収アップにつながっていっているのではと思います。
 よく結婚相手にしたいと思ったら、相手の家のトイレを見なさいといわれていたのにも通じますね。家の中では、施設の中では「トイレ清掃」の状況がそこの状況のヒントになるというに通じていますね。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 日本での企業の求人活動について | トップページ | 社会保障を含む行政での国民負担率見通し 38.8% »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本での企業の求人活動について | トップページ | 社会保障を含む行政での国民負担率見通し 38.8% »