« 今年は決断をするときかな | トップページ | 夫婦別姓求めた訴訟にみる時代の変化 »

2011年1月 5日 (水)

地球気候変動で思うこと

 2010年末あたりからこの冬も世界各地で大雪とかになりましたね。その前の夏は「猛暑」ですね。そして、前回の冬は寒さが厳しいといわれながら、平均をとると暖冬。今回はどうなるのでしょうか。
 最近は気候の変動幅が大きくなってきているということでしょうか。温暖化もあるのですが、豪雨とかが多くなったりしていませんか。また、強風が多くなってきている感じがしませんか。風は太陽からのエネルギーが割と直接的に作用していないでしょうか。
 気温の変動幅も大きくなってきているようですね。「観測史上」とかいうのが増えてきていませんか。これらを異変と感じるのかどうかですね。気温の変動もですが、雨の降り方の変化の方が怖い気がします。突如として砂漠出現みたいな変動がおこると大変ですね。
 そのようにならないためには、やはり人間の活動の状況を変えていく必要があるのでは。地球気候が変化しているようなのです。
 地球環境は今まで以上の速さで変化しているのですね。ですから、人間も変化していくべきですね。その方向を常に考え実行しながらかな。それを怠ると人類が滅びるかもしれないですね。でも、すぐ、実行できる部分もあれば、そうでない部分もあるので急ぎすぎないことかな。でも、遅きにならないようにする必要も。
 国内情勢では、菅内閣は「平成の開国」の実行を!!!

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 今年は決断をするときかな | トップページ | 夫婦別姓求めた訴訟にみる時代の変化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年は決断をするときかな | トップページ | 夫婦別姓求めた訴訟にみる時代の変化 »