« こども手当、どうなるのでしょうか? | トップページ | 少子化対策、こども手当の他も考える必要が »

2010年12月20日 (月)

運動していますか。

 12月19日の日本経済新聞SUNDAY NIKKEIの健康面にあるコラム「ほどほど健康術」で「運動の効用、薬にも勝る」という見出しで書かれていました。
 ようは、「脈拍数が少し増えるくらいの運動が基本になる」というのです。以前から、「少し呼吸数が増える」というのを基本にしていましたが、その「少し」というのが問題かな。
 脈拍数は165から年齢を引いた値を目標にするというのです。50歳ですと1分間で115回の脈拍になるとか。ウオーキングでも、やらないよりはマシでしょうが、ただ歩くだけでは運動にならない見たいです。ようは「疲れるだけ」だとか。少し脈拍を上げることですね。
 数々の大規模調査によると、健康のためですと種類に拘ることはないようです。1日30分以上、週に3日以上とかで運動を続けると、健康増進につながるということです。
 手術の後とかでも、積極的に運動する方がいいですよ。「無茶」とはならないように「積極的」にね。ですから、入院期間も短めにね。
 ようはからだに負荷をかけることが必要なのですね。そして、運動しているとか。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« こども手当、どうなるのでしょうか? | トップページ | 少子化対策、こども手当の他も考える必要が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こども手当、どうなるのでしょうか? | トップページ | 少子化対策、こども手当の他も考える必要が »