« アジアなどの官僚の体質 | トップページ | 国会議員はだれのお陰で国会議員になれたのか、有権者のお陰である。 »

2010年9月 7日 (火)

民主党代表選街頭へ

 9月4日から選挙運動が街頭での候補による討論形式ではないが、同じところで前後して演説するという自由民主党もしていた形式の演説会をしていますね。
 その中で9月5日のほうで小沢氏が「円高の今、資源を買うべきである。税金を使ってでも」というような発言をしていましたが、世間知らずという感じがしました。
 中国が資源確保のために札びらだけを使うような真似はしていないですね。アメリカなどの反発を買ってでも、地道に経済援助とかをして資源確保に邁進してますよ。今、資源を持っている国は単純にお金で資源は売りません。売るとしたら「競争入札」や付帯条件を付けてきているということを小沢氏はご存じないようです。
 円高というようなことではなく、継続的に地道に友好関係を作り上げ、相手国の発展にどう貢献できるかが問われているという時代になっていることをご存じないですね。勉強不足のまま、総理大臣になられたらそれこそ、国民にとって迷惑至極です。「国民の生活が第一」というなら、平成22年度予算の時のような真似はしないでください。
 今の状況ですと、菅首相のほうがよく勉強していますよ。それだけははっきりしてきましたね。沖縄の現在の海兵隊兵員数ですが、岡田外相のいった1万人ほどでしょうね。だから、普天間とセットでグアム移転の話が進んだのでしょう。8000人移転。もし、小沢氏のいう2000人程度ならこの話はなかったと思います。有事の時は1万人どころかもっと多くなったりとか、出動で一時的にはほとんどいなくなることも。通常は8000人以上いると考えるのが普通でしょうね。
 なにせ、小沢氏はわれわれ国民とは考え方がずれているようなので、このようなことが他にも多々あるような気がします。
 それから、跳ね上がりが秋田で民主党の投票用紙を白票で取り纏めようとしたらしいです。高橋代議士は否定していますけど、サポーターなどの証言と食い違っているみたいです。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« アジアなどの官僚の体質 | トップページ | 国会議員はだれのお陰で国会議員になれたのか、有権者のお陰である。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アジアなどの官僚の体質 | トップページ | 国会議員はだれのお陰で国会議員になれたのか、有権者のお陰である。 »