« 日経の世論調査、首相にふさわしいのは菅73% | トップページ | 国際情勢をご存じないのかな、小沢氏は »

2010年9月 1日 (水)

民主党代表選始まる

 9月1日本日民主党代表選が始まりましたね。
 各報道機関でいろいろと報道されてますね。その報道の中で「政治と金」の問題で国民感情と小沢氏のズレがでていました。このズレについては、菅氏との共同記者会見での小沢氏の発言から考える解消する気がないとみました。
 それは、強制捜査権のある検察が起訴を見送ったのは・・・であるからというものです。代議士の秘書や代議士に対して、厳しい取り調べが出来るのかということです。田中角栄の時は、アメリカので嘱託尋問が証拠ですかな。それと、国会での証人喚問の記録ですね。田中角栄自身の供述はないと考えられるのです。このときは秘書が自殺したはずです。他にも秘書が自殺した例があったように思います。
 大久保秘書の件や陸山会の土地購入資金についても、領収書などの物証があるのでだれかで食い止める必要があったため、秘書が罪を一身に引き受けたのではと疑問を国民が持ち続けているというものです。「トカゲのしっぽ切り」ですね。その疑いを持ち続けていると。
 それが、先の日本経済新聞などの世論調査で、実質的には有効回答者の51%が「小沢不支持」と回答していることに現れていると考えます。だから、検察審査会が「起訴相当」との評決を出したのだと思います。そのあたりのことを考慮しないと民主党は「金権政党」との烙印を押される危険性が高いと考えるのは私だけでしょうか。
 先の参議院選挙の敗因ですが、あれは世論調査の選択項目が不適切であったのではと思います。完全に鳩山時代のことが主因だと思っているのは私だけでしょうか。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 日経の世論調査、首相にふさわしいのは菅73% | トップページ | 国際情勢をご存じないのかな、小沢氏は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日経の世論調査、首相にふさわしいのは菅73% | トップページ | 国際情勢をご存じないのかな、小沢氏は »