« 財務省が日本たばこ産業のたばこ値上げを認可 | トップページ | 「やはり」です。スパコン世界一危うし »

2010年7月19日 (月)

喫煙者に理解して欲しいポスターですが

 7月19日にYahooで見つけた毎日新聞配信の記事に『米国 NY「たばこ戦争」 販売店に禁煙ポスター義務化』というのがありました。詳しくはyahooのサイトか毎日新聞で。
 ニューヨーク市当局がたばこ販売店に禁煙を訴えるポスターを張ることを義務づけたというのです。それに対して、たばこメーカーや販売店との争いみたいです。
 ポスターは、脳のCTスキャン写真で脳卒中部分を強調したもの(そう喫煙は血管を痛めつけます)のようです。心筋梗塞も喫煙でリスクが激増しますね。この2つ、発症が中途半端ですと、「後遺症」が確実に残りますね。
 アメリカでは、昨年6月に新たばこ規制法が成立(今年6月施行)したことで、たばこの広告が厳しく制限されたり、「ライト」とか「マイルド」とか「低タール」などの表現も禁止されたということです。日本は遅れているようです。
 このようなこともあって、ニューヨーク市当局がレジ側とかにポスターを掲示するように義務づけたということで裁判沙汰にとかいうことです。
 ニューヨーク市当局(保険精製局)は『「市内で年間7500人がたばこに起因する病気で死亡している」と指摘。「これは1日20人に相当し、エイズや薬物、殺人による死者より多い」と、たばこがもたらす人的被害の大きさを強調。「衝撃的な写真は『たばこの現実』を市民に知ってもらうためだ」と主張した。』ということです。
 この比率ですと、全米では20万人以上かな。そうすると、日本では10万人以上でしょうね。死亡の原因としてはトップクラスですね。
 ところで、日本の職場の健康診断のレントゲン写真で安心している喫煙者をよく見受けます。あの写真、肺結核など用で、癌検診用ではないことをご存じないのですね。このタイプの健診で肺がんが見つかった場合は、大抵が「進行がん」の状態だそうです。治癒率が高い「初期がん」ではないのです。私の場合は、病院での直接撮影です。だから、初期がんで手術後10年以上になりますが、再発してないですし、運動制限もないのです。
 脳血管性認知症にならないようにするために、慢性閉塞性呼吸器疾患(酸素ボンベを担ぐことに)にならないようにするために、その他いろいろながんや病気にならないようにするために、罹りにくくするために禁煙しましょう。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 財務省が日本たばこ産業のたばこ値上げを認可 | トップページ | 「やはり」です。スパコン世界一危うし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 財務省が日本たばこ産業のたばこ値上げを認可 | トップページ | 「やはり」です。スパコン世界一危うし »