« 成果のわかりやすい技術開発はよいけれど | トップページ | 喫煙者に理解して欲しいポスターですが »

2010年7月17日 (土)

財務省が日本たばこ産業のたばこ値上げを認可

 7月15日の報道によると、財務省がたばこの値上げを認可したということです。これは、たばこ消費税を上げたことによる値上げですね。時期は10月1日からということです。
 この程度の値上げですと、禁煙する人の割合がそれほど増えない可能性もあり、増税が達成できるかもしれないですね。ようは、税収不足を補おうという下心が中途半端な上げ幅になったのではないかと思えるのです。
 健康に重点を置いているのなら、もっと上げ幅を大きくし、さらに販売規制にも踏み込む必要がありますね。実際、健康に重きを置いている国ではもっと高額にしています。日本の場合、値上げ後で400円台が多いみたいですが、欧米諸国では、1000円前後のところが多いですね。ドイツみたいにこれより安い国もありますが、ドイツは意外と薬害があったりしてとか。
 この値上げ、税金上昇以上に高くなっていますが、販売の減少を見込んでのことだそうです。それと、輸入たばこも当然税金がかかっているので、こちらも値上げですね。
 高い金を払って、脳卒中や心筋梗塞、COPD(慢性閉塞性呼吸器疾患)、各種のがん、若年老化肌、総入れ歯などになりたい方は吸ってともと思いますが、副流煙などをまき散らさないで下さいね。喫煙者の自殺行為の道連れになりたくないですからね。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 成果のわかりやすい技術開発はよいけれど | トップページ | 喫煙者に理解して欲しいポスターですが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 成果のわかりやすい技術開発はよいけれど | トップページ | 喫煙者に理解して欲しいポスターですが »