« 5月31日は「世界禁煙デー」その8  「喫煙と脱毛」 | トップページ | 5月31日は「世界禁煙デー」その10 「動脈硬化」 »

2010年6月 9日 (水)

5月31日は「世界禁煙デー」その9 「慢性閉塞性呼吸器疾患(COPD)」

 先日の「肺年齢」と重なるかとは思いますが、本日は「慢性閉塞性呼吸器疾患(http://www.spinet.jp/)」についてです。 まず「喫煙した肺とそうでない肺(http://www.venus.dti.ne.jp/~drmayumi/pg000102.htm)」を比べてみてください。これは肺ガンのときの写真です。喫煙者でもそれほどひどくはない写真のようですね。どこかで、もっと黒くなった写真もありました。
 主にタールで汚れたのではと思います。肺胞にタールがベットリとついてしまっているのです。タールだけを取り出すことはできません。 結局、酸素と二酸化炭素の交換を妨げることになるのです。吸い始めたときから起こるのです。そして、逆戻りすることなく、悪化のするだけです。
 禁煙するなら、早くすることをお勧めします。味覚みたいには回復しないので。禁煙すると非喫煙者と同年配なら呼吸機能の差は大体そのぐらいで進行するのですが、喫煙を続けると非喫煙者に比べたら急速に呼吸機能が低下して多くの場合、「COPD(慢性閉塞性呼吸器疾患)」になる。もしくはその予備軍に入ってしまいます。 COPDについてのホームページをご覧ください。このホームページによると約530万人の患者がいると推定されています。死者数も毎年伸びています。 予防は「煙草を吸わない」です。喫煙者は慢性閉塞性呼吸器疾患になるのを遅らせるのは「禁煙」が一番、というか禁煙しかないようです。
 酸素ボンベを持ち運ぶようなことにならないためにも禁煙しましょう。非喫煙者はそのまま非喫煙で過ごしましょう。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 5月31日は「世界禁煙デー」その8  「喫煙と脱毛」 | トップページ | 5月31日は「世界禁煙デー」その10 「動脈硬化」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月31日は「世界禁煙デー」その8  「喫煙と脱毛」 | トップページ | 5月31日は「世界禁煙デー」その10 「動脈硬化」 »