« 公文書の公開について | トップページ | 育児休暇取得で解雇などが急増 »

2010年1月10日 (日)

微妙な発言を前原誠司沖縄・北方担当相がアメリカ大使に

 これで2009年ネタは最後に出来るかな。
 2010年1月1日にYahooで見つけた時事通信の記事に『「連立解消も」と米に説明=代案なければ現行計画-普天間移設で前原沖縄相』というのがありました。なぜ、鳩山首相が2010年5月まで普天間基地移設計画決着を先送りしたのかということとの関連ですね。
 民主党は単独では参議院では過半数に達していなくて、社会民主党と国民新党と連立を組むことで達しているわけですね。そして、2010年7月には参議院選挙がありますね。これで、過半数を確保できれば、連立の必要がなくなるわけです。連立による施策は批判が相次いでいますね。私も批判的なことを書いています。
 国民新党は「小さな政府」を望む多くの国民とズレがありますね。それが、衆議院で議席増を出来なかった理由かな。社会民主党と民主党では毛色が異なりますね。連立には無理の多い組み合わせと思っていたのですが、随所にこのことが出てきていますね。その一番の違いは普天間基地問題かな。
 この発言が本当なのか。もし、本当なら社会民主党がどのような態度を示すことになるのか。予算は衆議院の優越があるので、民主党のみでも可決できますが、関連法案では衆参両院で可決されるか、衆議院で3分の2以上で再可決するかですが、後者は民主党単独では無理なので、衆参両院可決が必要になりますね。この発言で社会民主党が連立から離脱すると、法案が成立しなくなる恐れがあり、国政に混乱が生じる可能性がありますね。でも、鳩山首相が示した5月決着という意向というのは連立解消ということも考えている可能性が見えてきました。社会民主党はどう対応するのか興味津々です。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 公文書の公開について | トップページ | 育児休暇取得で解雇などが急増 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 公文書の公開について | トップページ | 育児休暇取得で解雇などが急増 »