« 「鞆の浦」と「ミコノス」などから思う日本の風景 | トップページ | オバマ大統領、ノーベル平和賞受賞 »

2009年10月 8日 (木)

台風直撃

 10月8日に愛知県知多半島付近に台風18号が上陸して、本州を縦断していきましたね。
 ところで、今年は台風が日本より台湾などを襲ったように感じます。
 台風がもっとも強力な状態に発達しやすいのは確か秋だったはず。9月ですね。
 ところで、今年の9月の日本向け台風はあったのかな。8月でしたか、台湾で甚大な被害を発生させたのがありましたね。
 太平洋の高気圧の発達具合で台風のコースが決まってきます。今年の夏はなにか、猛烈に暑いということはなかったような、そして、9月に入っても猛烈な残暑はなかったような気がします。で、10月の秋台風で太平洋の高気圧が云々というのがありました。例年より勢力があるというのです。それで、日本に来たとか。
 これ、何年かに一度の現象なら、「季節外れ」ですませることができるのですが、来年も再来年もその次もとかなると、「温暖化」現象の一つになるでしょうか。怖いのが太平高気圧が日本上空に居座るようになることです。この現象が起こるとき、アメリカの大平原でもヨーロッパでも同様のことが起こるでしょうね。
 食料生産がどうなるでしょうね。世界の穀倉地帯が砂漠化するを少しでも遅らせるためにも温暖化対策ですね。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 「鞆の浦」と「ミコノス」などから思う日本の風景 | トップページ | オバマ大統領、ノーベル平和賞受賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「鞆の浦」と「ミコノス」などから思う日本の風景 | トップページ | オバマ大統領、ノーベル平和賞受賞 »