« 5月31日は「世界禁煙デー」その9 「慢性閉塞性呼吸器疾患(COPD)」 | トップページ | 5月31日は「世界禁煙デー」その11 「バージャー病」 »

2009年6月18日 (木)

5月31日は「世界禁煙デー」その10 「動脈硬化」

 このシリーズでも少し触れていますね。
タバコ病あれこれ第3回:動脈硬化」に説明があります。
心筋梗塞、狭心症などの虚血性心臓病、脳血管障害の発症は動脈硬化が関係しており、死亡率も高いですね。
癌も恐ろしいですが、こちらのほうは何時重大事態になるか予測ができませんね。そう考えると、癌より怖いかも。
 助かっても脳への血流の具合によっては体に障害を残すことが多いですね。
ニコチンと一酸化炭素で作用の仕方が違うようですね。共同で動脈硬化を促進しています。ニコチンは低ニコチンの品目に変えれば少なくなるかもしれませんが一日あたりの総量を同程度になるように喫煙すれば、結局ニコチンは減らずに、一酸化炭素は本数比例で増加します。タールについてもですね。
この動脈硬化への作用は受動喫煙でも起こると報告されています。一酸化炭素は部屋に充満しますからね。
 さらに糖尿病でも患っておれば、動脈のダメージが大きいですね。網膜症や腎症などにもさらになりやすくなりというのです。禁煙することですね。成人の失明原因のトップは糖尿病性網膜症だそうです。人工透析もね。こちらは死亡率が他の原因より高いですよ。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはまぐまぐのページでお願いします。
img00234.jpg


|

« 5月31日は「世界禁煙デー」その9 「慢性閉塞性呼吸器疾患(COPD)」 | トップページ | 5月31日は「世界禁煙デー」その11 「バージャー病」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月31日は「世界禁煙デー」その9 「慢性閉塞性呼吸器疾患(COPD)」 | トップページ | 5月31日は「世界禁煙デー」その11 「バージャー病」 »