« 5月31日は「世界禁煙デー」その6 「どうして喫煙者が禁煙に失敗することが多いのか。」 | トップページ | 5月31日は「世界禁煙デー」その8  「喫煙と脱毛」 »

2009年6月12日 (金)

6ds##()nap6%qzla

 昨年に続いての「世界禁煙デー」シリーズ。本日は「喫煙と肺年齢」ということで。
この頃、脳年齢とか体内年齢とかお肌の年齢とかよく言われていますね。
肺年齢という考え方を日本呼吸器学会が提唱しているというのです。日本呼吸器学会のサイト(http://www.jrs.or.jp/home/)で「肺年齢」または「呼吸の日 記念フォーラム2008」で検索してみてください。
 これは、呼吸機能から見た肺の状況を健康な人の年齢と身長、肺活量から「あるべき年齢」を算出したのと比べてみて、どの年齢ぐらいかを推計したのものです。
 喫煙によって、肺年齢は確実に高齢者側へ近づきます。肺は気体以外は取り込むことはできても排出ができないですから、たばこの煙に含まれるタールやその他多数の物質が肺に貯まっていくことになります。その結果、目詰まりを起こして呼吸機能が低下していくわけです。
喫煙では、ニコチンなど血液に吸収されやすい物質によって血管も痛めつけられています。ですから、血管年齢も非喫煙者より高齢側の年齢になってきます。その結果が動脈硬化に繋がり、心筋梗塞や脳梗塞などの多発に。脳血管性認知症へと進んでいきます。
喫煙は、肺年齢だけではなく、体内のあらゆる年齢を実際より高齢側にする効果を持っているわけですね。
反射神経も鈍るとかもね。
 肺機能の低下によって起こる病気の一つのCOPDについては何回か後で書きたいと思います。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはまぐまぐのページでお願いします。
img00231.jpg


|

« 5月31日は「世界禁煙デー」その6 「どうして喫煙者が禁煙に失敗することが多いのか。」 | トップページ | 5月31日は「世界禁煙デー」その8  「喫煙と脱毛」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月31日は「世界禁煙デー」その6 「どうして喫煙者が禁煙に失敗することが多いのか。」 | トップページ | 5月31日は「世界禁煙デー」その8  「喫煙と脱毛」 »