« 報道での統計の取り扱い方についての疑問 | トップページ | 発熱患者への診察拒否が起こる。舛添厚労相は「医師法違反」と »

2009年5月 5日 (火)

「こどもの日」にちなんで「4月生まれが有利?」

 5月2日の日本経済新聞「プラス1」で「4月生まれが有利?」という意味の記事がありました。以前にもサッカーでしたか、社会面で取り上げられていたことがあります。
 今回もあるスポーツの正選手などのなっている人の誕生月を調べたら、4~6月が一番多かったようです。学業についても調べたら、そのような傾向がとか。
 今の日本の人材評価の状況を考えれば、不思議なこともなく「当たり前」の現象だと思います。どうしてかというと、「生育状態を考慮した絶対評価」ではなく、「同一学齢年齢内の単純相対評価」であるからです。
 当然、4~6月生まれは、1~3月生まれより「生育期間が長い」ですね。小学校低学年においてこの差は大きいものと考えられます。そのあたりを考慮できる親などに育てられた場合は問題が発生しにくいですが、そうでない場合、「レッテル」を張られることにより「後回し」される傾向が強いのが日本ですね。最初の差がこのような差別によって助長されて育ってことになるからではと思います。
 月別の出生数には大きな違いはないのですから、育てられ方というか、無知による差別的な相対評価のなせる技でしょうね。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはまぐまぐのページでお願いします。
img00212.jpg


|

« 報道での統計の取り扱い方についての疑問 | トップページ | 発熱患者への診察拒否が起こる。舛添厚労相は「医師法違反」と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 報道での統計の取り扱い方についての疑問 | トップページ | 発熱患者への診察拒否が起こる。舛添厚労相は「医師法違反」と »