« お寺も全面禁煙に | トップページ | 基礎学力の低下について »

2009年3月 4日 (水)

公共空間は全面禁煙に

 3月4日にYahooで見つけた時事通信配信の記事に『公共空間は「全面禁煙」=受動喫煙防止、慎重論も-厚労省検討会が報告書』というのがありました。
 欧米に比べて対策に遅れの見られる日本。アメリカでは、個人の住宅の中での喫煙規制をも始めている地域もあります。煙草の価格も日本の3倍ぐらいのところが多くなってきています。これらは、健康被害に対する対策としてとられているものです。
 この報告書に「特に子どもが利用する学校や医療機関などについて、通学路などの屋外であっても、受動喫煙防止策を進めるよう求めている。」というのがあるというのです。これって、たばこの害が判っていない教師や医師などの医療関係者が多いということでしょうね。
 学校での部活動顧問でなぜか、運動部の方の顧問の喫煙率が高い。不思議な現象ですね。スポーツに煙草は百害あって一利なしですからね。これはどの分野においてでも同じです。お間違いなきようにね。
 自動車の後部座席でのシートベルト着用率の低さと相通じるのでは。
 飲食店とかですが、喫煙可のところでは食事をしないということを私は信条とし、かつ実践しています。禁煙であるかどうか確かめてみて、はっきりしないときを含めて喫煙可のところでは食事をしない。このような私みたいな人も結構いるということを業界団体は忘れていませんか。居酒屋で禁煙にしたら女性客が増えているところがあったりとかいうものです。
 飲食店や旅館などでは禁煙か喫煙か、あるいは分煙でその割合などを店頭にはっきりと表示してほしいです。そして、分煙の場合、風上側に禁煙席を。逆ですと分煙の意味がありませんからね。無神経な店が結構あります。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« お寺も全面禁煙に | トップページ | 基礎学力の低下について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お寺も全面禁煙に | トップページ | 基礎学力の低下について »