« たばこによる健康被害のほかにあるもう一つの大きな害 | トップページ | 関西も遅ればせながらですね。JR西日本、関西大手鉄道で初の全面禁煙 »

2009年3月26日 (木)

神奈川県の「公的施設での屋内喫煙を規制する条例」が成立

 3月24日に全国ではじめて「公共的施設での屋内喫煙を規制する神奈川県の受動喫煙防止条例」が24日に神奈川県議会で可決、成立したということです。
 2010年4月から施行されるということです。もっと早くてもよいと思うのですけどね。
 学校や病院、公共交通機関などの公共性の高い施設では施行とともに禁煙が義務づけられることになります。学校とか病院で未だに禁煙でないところはそこの管理者の意識レベルが疑われますね。このような条例以前に全面禁煙にしているはずですからね。
 公共交通機関の方は大体、禁煙で一部分煙で少しだけ喫煙場所があるという程度になってきていますので、全面禁煙まであと本の一踏ん張りでしょうか。
 問題は飲食店や小規模宿泊施設などかな。大規模でもわかっていない施設があることにはあるのですが。徐々にですが、「禁煙」が確認できないと飲食店等を利用しない人が増えてきているという実態をご存じない、あるいは目を背けている経営者が多いようですね。居酒屋で、禁煙にしたら女性客が増えたとかという例が出てきているのにです。なにか、取り敢えず「分煙」にも踏み切らないところが未だに多いですね。私は「禁煙」または「分離度の高い分煙」のところだけを利用することにしています。で、私が同席する場合、このことを同行者に守らせています。そういう人もいることをご存じないようです。
 受動喫煙で被害を受けるのは二度とごめん被りたいので注意しています。
 ところで、喫煙者の方、くどいですが「脳血管性認知症に注意しましょうね」「心筋梗塞にも、脳卒中にも、要介護にならないようにも、酸素ボンベを担がないようにも、入れ歯にならないようにも、お肌の老化が進むのが早いですから気をつけましょう、糖尿病を悪化させないためにも、・・・・」のために禁煙してみてはと思います。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはまぐまぐのページでお願いします。
IMG00192.jpg


|

« たばこによる健康被害のほかにあるもう一つの大きな害 | トップページ | 関西も遅ればせながらですね。JR西日本、関西大手鉄道で初の全面禁煙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たばこによる健康被害のほかにあるもう一つの大きな害 | トップページ | 関西も遅ればせながらですね。JR西日本、関西大手鉄道で初の全面禁煙 »