« 脳卒中の危険因子のいくつかについて | トップページ | JR東海が在来線ホームを全面禁煙に »

2009年1月19日 (月)

センター試験終了

 2009年度大学入学試験のための大学入試センター試験が終わりました。受験生数から考えると「混乱なく」かな。
 試験問題の内容はよく練られています。毎度、毎度の提案ですが、「基準点方式」のみの使用にならないでしょうか。基礎学力判定用ですね。はっきりいって、今の教育はなぜか「暗記中心」みたいになっています。これは日本的風土の「暗記好き」からきているのと、「ゆとり教育」とか称して学習内容を減らしたため、高学年においても「暗記」だけで取り敢えず「対応」できるようになった相乗効果でしょうね。
 そこで、受験生全員に5教科7科目ないし6教科7科目の受験を必修にしてはどうでしょうか。そして、基準点以下はAO入試や推薦入試で合格していても入学を許可しないとかいうようにです。
 「ゆるゆるの高校教育」、「暗記のみの教育」から少しはまともな方に進むためには「外部認証」が必要だと考えます。そのよい機会が「大学卒業認定」と「大学入試」のタイミングだと思うのです。
 そうするためには、センター試験の受験機会を増やし、同一科目でも複数回の受験を認める必要もでてくると考えられます。年1回大学受験のときだけというのはきつすぎますから。一度、合格すれは「4年くらい」は有効とかね。
 大学入試センター試験を漢字検定や英語検定みたいにするべきですね。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 脳卒中の危険因子のいくつかについて | トップページ | JR東海が在来線ホームを全面禁煙に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脳卒中の危険因子のいくつかについて | トップページ | JR東海が在来線ホームを全面禁煙に »