« 大阪府や大阪市で全小中高への携帯持ち込み禁止を通知 | トップページ | 全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果の扱いについて »

2008年12月12日 (金)

幅広い学習の重要性、数学の重要性

 12月11日の日本経済新聞文化面「私の履歴書」で書かれていたことです。今月は経済学者の小宮隆太郎氏です。
 「研究者を目指すなら、数理経済学を基礎の基礎から学べといわれた。指導を受けていた古谷弘先生は経済理論に必要な数学を徹底的に勉強しようとのお考えだった。」とありました。そして、「私の軽座苦学研究にとって数理経済学を勉強したメリットは計り知れない。経済学の様々な問題を考えるときに、論理的整合性のある理論モデルに基づいて考える習慣が身についた。」ともありました。
 結局、数学は道具でもあるが、論理性を身につける重要な要素だったことになるのでは。論理学をする上で、数学が重要な役割を持っているとのことです。
 日本の場合、数学もそろばんの延長みたいな「計算力」偏重の面が強いのかもしれません。それが、数学を面白なくし、その本来持つ重要性を消し去っているのかもしれないですね。
 歴史の学習においても、事件・事項の暗記に重きを置くような感じがしてならないのです。そうすると、歴史の重要性「歴史を鏡」とできなくなってきますね。それが、あの元空将の発言になってきたのかも。
 幅広い学習でも、暗記中心では効果は出にくいでしょうね。数学を学習しても「計算演習」ばかりではこれも効果は少ないでしょうね。数学で「論理性」を鍛え、それを活用して、自ら調べ、考え、論理的に発表するするような学習が是非必要だと思います。
 でもね、どのぐらいの教員ができるのかな。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 大阪府や大阪市で全小中高への携帯持ち込み禁止を通知 | トップページ | 全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果の扱いについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪府や大阪市で全小中高への携帯持ち込み禁止を通知 | トップページ | 全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果の扱いについて »