« ETV特集「戦争は罪悪である~ある仏教者の名誉回復~」を見て | トップページ | 最近の金融危機や株価暴落について »

2008年10月17日 (金)

文部科学省事務次官 教育委員会による学力テスト開示に「適切でない」

10月6日の記者会見で『「市町村教委は学校別の成績を公表しないことを前提に参加しており、適切でない」と不快感を示した。』というのです。
久しぶりにまともなことを事務次官が記者会見で述べましたね。
今の日本の状況は「背景をなにも考えないで順位で判断」なのですね。ですから、「学力とは」を考えずに記憶のみでできるようなテストの得点で順位を争ったりしています。
公立学校では、どの地域に立地しているのかとか、どのような教員が配属されているとかなどで学力が大きく違ってきます。でその「学力」とは?ですが、学力テストは詳細に検討すれば、児童生徒の学力向上に使えると思います。でも、順位で判断するようになると昭和40年代のアホみたいな事態になってしまうと思うのです。
今、各地で過去の二の舞になりつつあるような気がしてならないのです。不正で学校平均が90%を越えるとかいうようなことですね。テストの意味をよく理解している場合は公開しないでしょうね。
ただ、文部科学省は不利な状況の子供の多い地域に予算配分を増やすような工夫をしてほしいですね。財務省に理解させて下さい。国会議員に理解させて下さい。国民に理解させて下さい。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« ETV特集「戦争は罪悪である~ある仏教者の名誉回復~」を見て | トップページ | 最近の金融危機や株価暴落について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ETV特集「戦争は罪悪である~ある仏教者の名誉回復~」を見て | トップページ | 最近の金融危機や株価暴落について »