« 定員割れの大学続出 | トップページ | 福田内閣の内閣改造と支持率 »

2008年8月 2日 (土)

「関空活性化のために伊丹廃止も含め検討を」橋下大阪知事

7月31日にYahooで「伊丹廃止も含め検討を=関空活性化で橋下大阪知事」という時事通信の配信記事を見つけました。
そうしたら、8月1日から2日にかけて、周辺自治体から反発の声が出てきてます。
まあ、関西圏の3つの空港全てを仁川や上海のローカル空港にするのか、それとも関西国際空港をハブ空港にするのか、どちらを目指すのかの最終選択時期に近づいているこの時期によくぞ「伊丹廃止も含め検討を」と発言してくれたと思います。
関西国際空港をハブ空港にできるかどうかは大阪のみならず、日本全体の問題ですね。中部国際空港は航空貨物輸送の分野で仁川の軍門に下った感じがあるということです。
今すぐ、仁川や北京、上海とハブ空港で競争できる滑走路とかがあるのは日本では関西国際空港だけでは。
コンテナ海上貨物では、日本の各港は釜山や上海、香港の枝港とかしてきていますね。
空港で同様のことが起こるのを防ぐには、一空港に路線を集中するといのが必要なのでは。地方空港の多くでは、海外旅行は仁川からの方が楽で安いとか。海外からの観光客で地方空港発着便利用者が増加してきているとか。
大体から、兵庫県と神戸市とともに騒音に対する感情的理由(騒音区域を理解できなかった)で神戸沖空港建設に反対しておいて、関西国際空港ができてきたら、神戸市が空港ほしいとばかりに神戸空港を作ったような自治体ですからね。
関西全体のことを考えるとしばらくは不便ですが、関西国際空港に集中させる必要があると思います。ハブ空港にできれば、国内線の多くは伊丹や神戸を利用せざるおえなくなるでしょう。失敗すれば、3空港沈没ですかな。
伊丹では、満員の通勤通学電車に航空機が胴体着陸する危険性が常にありますよ。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 定員割れの大学続出 | トップページ | 福田内閣の内閣改造と支持率 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 定員割れの大学続出 | トップページ | 福田内閣の内閣改造と支持率 »