« 司法無視の行政、『「司法待たずに中国人退去強行」 東京地裁、入管を批判』 | トップページ | まだだったの?「ファイザー日本法人、勤務中は全社員禁煙・治療薬の発売控え」 »

2008年1月 1日 (火)

未来のために不幸な過去の直視を

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
さて、昨年12月に福田総理が中国を訪問しましたね。北京大学で講演をされました。これは中国全土に中継されたということです。
その中で、日本と中国の間の歴史について、「不幸な時期を直視し、子孫に伝えていくことが我々の責務だ。過去を見据え、反省すべき点は反省する勇気と知恵があって、はじめて将来に誤りなきを期すことが可能になる」との認識を示されたというのです。これは、先月も書きましたが、ドイツの元大統領ヴァイツゼッカーの講演「荒れ野の40年」(1985年)のなかに「過去に対して目を閉ざす者は、未来に対しても目を閉ざす」という意味のことがありました。これと同様の意味だと思いたいです。
先月の沖縄戦についての訂正申請で自由民主党の一部議員が異議を唱えていたというような報道がありました。この議員の方々、「被害者は忘れない」ということを忘れているのでしょうか。この忘れっぽさが反感を買っていることに気がついていないようですね。
2008年をさらによくするためにも「未来のために不幸な過去の直視を」してほしいですね。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 司法無視の行政、『「司法待たずに中国人退去強行」 東京地裁、入管を批判』 | トップページ | まだだったの?「ファイザー日本法人、勤務中は全社員禁煙・治療薬の発売控え」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 司法無視の行政、『「司法待たずに中国人退去強行」 東京地裁、入管を批判』 | トップページ | まだだったの?「ファイザー日本法人、勤務中は全社員禁煙・治療薬の発売控え」 »