« 8割強が「年金で老後まかなえず」と生命保険文化センターのアンケートで | トップページ | 過去に目を塞ぐ文部科学省の教科書検定審議会「教科書 5社が記述を再修正」 »

2007年12月24日 (月)

なぜ、「議員立法」なの。『福田首相「議員立法で一律救済」表明 薬害肝炎問題』

12月23日に各報道機関で報道されていました。『 』内は朝日新聞のサイトの記事の見出しです。
題にあるように「なぜ、議員立法」ということに尽きます。薬害肝炎被害者の全員一律救済は当然なのですが、どうして、厚生労働省に対して内閣としての指示をしないのでしょうか。
日本国憲法では三権分立、立法、行政、司法にですね。まあ、分立といいますが「法治」なので法律を作る立法「国会」が実質的にはと思います。
「行政」の最高権限は官僚が持っていたのでしょうか。憲法上は内閣ですね。いつから「官僚」に変わったのでしょうか。
日本を滅亡に導いた太平洋戦争も陸軍大学卒業の「軍事官僚」ですね。
この薬害も官僚機構の「保身」が裏目に出て招いたのでは。現在の財政赤字も「予算確保」にのみ汲々としている官僚機構と族議員のなせる技ですね。
内閣の方が上位組織であって各省庁はその意向を円滑に進めるためにある行政機構で、内閣の下請のはずですけどね。内閣の決定についてはそのときの官僚の責任ではないはずです。抵抗するから官僚の責任問題が浮上するでは、そう、浮上させるべきですね。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 8割強が「年金で老後まかなえず」と生命保険文化センターのアンケートで | トップページ | 過去に目を塞ぐ文部科学省の教科書検定審議会「教科書 5社が記述を再修正」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8割強が「年金で老後まかなえず」と生命保険文化センターのアンケートで | トップページ | 過去に目を塞ぐ文部科学省の教科書検定審議会「教科書 5社が記述を再修正」 »