« 東大博物館でファッションショーで森英恵さんが言われたこと | トップページ | 国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP13)で「ポスト京都」行程表で合意 »

2007年12月16日 (日)

薬害肝炎訴訟で大阪高裁の和解案を原告側が受け入れ拒否

12月13日に「C型肝炎ウイルスに汚染された血液製剤の投与を受けた患者が、国と製薬会社を訴えている薬害C型肝炎集団訴訟の大阪訴訟控訴審で、大阪高裁(横田勝年裁判長)は13日、和解案の骨子を当事者双方に書面で示した。」ということです。
その内容は、「東京高裁の判決に沿った患者の範囲を限定した案」でした。
このフィブリノーゲンもアメリカではもっと以前に認可が取り消されているのですね。その情報を知っていたはずですね。それを国および製薬会社は意図的に隠していたのでしょうね。
そのことを踏まえると、原告側の主張する「全員一律救済」であるべきです。
厚生労働省で患者リストが放置されていたりしていましたね。
あの軍国時代と同様の「人命軽視」がまかり通っているという状況ですね。それを打破するには「政治決断」しかないでしょうね。
国民の代表としての国会議員から選ばれた内閣総理大臣の決断ですね。官僚が逆らうということならば、それは主権者の国民に逆らうということになります。逆らわないでしょう。地位が危うくなりますからね。
医師を含めて、どうして、肝炎の重大性に気がつかなかったのでしょうか。
やはり、教育の問題なのでしょうか。日本伝統の「暗記重視」で「考えない」で単純に物事を判断してしまう国民性でしょうか。
エイズの時もそうでしたが、被害者の損失と利益を考えた場合の判断基準がおかしかったですね。代替方法が提案されていても感染リスクを過小評価していますね。または、他の方法を考えようとしなかった。
それで、会社が潰れることになったのですけどね。企業よりも国が責任を取るべきです。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 東大博物館でファッションショーで森英恵さんが言われたこと | トップページ | 国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP13)で「ポスト京都」行程表で合意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東大博物館でファッションショーで森英恵さんが言われたこと | トップページ | 国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP13)で「ポスト京都」行程表で合意 »