« 薬害C型肝炎、昨日の続きです。国への監視を強めましょう。 | トップページ | 日々続けてきた日記について »

2007年10月25日 (木)

「薬害肝炎訴訟で一括して和解へ」桝添厚生労働大臣が意向表明

10月25日の国会の参議院厚生労働委員会で社会民主党の福島瑞穂党首の質問に『全国5カ所で係争中の訴訟の一括和解について「そういう決意で解決したい」と述べた。』ということです。
官僚の体質から考えると大臣決裁の政治主導で行くしかないでしょうね。ニュースで見る限り、大臣決裁でいくようですね。
結局はわずかな利益を求めて多くの被害者を生み出し、苦しめ、会社は吸収されてしまいましたね。サリドマイドやヒ素ミルクの教訓が生かされなかったということです。
もっと早くしておれば、治療機会もあったわけですね。
内容がなくて済みません。今回はこの程度にさせていただきます。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 薬害C型肝炎、昨日の続きです。国への監視を強めましょう。 | トップページ | 日々続けてきた日記について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薬害C型肝炎、昨日の続きです。国への監視を強めましょう。 | トップページ | 日々続けてきた日記について »