« 勉強軽視の風潮、「ベネッセの国際比較調査」より | トップページ | 何時巻き込まれるか判らない冤罪 »

2007年10月10日 (水)

国会での沖縄集団自決に関する教科書検定決議、採択困難に

10月9日に朝日新聞のサイトで見つけました。見出しは「沖縄教科書検定決議、採択困難に」でした。
文部科学省の検定官は一方的な押しつけをしているわけですね。沖縄の集団自決に関する検定で、ある一当事者の主張のみで「軍の関与」の削除意見をつけたわけですね。
以前にも、中国などへの「侵略」(中国人からみると当然、こちらですね。)を「進出」と書き換えの検定意見をつけて、外交問題にまで発展しました。被害者は1000年経っても忘れないことを日本軍がしてきたのです。
それを加害者が「忘れろ」というと被害者は起こりますよ。民族紛争の多くが過去の「虐殺」などの行為が原因ですよ。「虐殺」かどうかは、被害者側が判断する分けですね。
集団自決の場合は、沖縄県人が判断することになります。
文部科学省の態度なら、国会で決議してもいいのでは。文部科学省の軍国教育があの敗戦へと日本を導いた要因の一つです。そして、天皇制を危うく潰しかけたわけです。同じ失敗を繰り返さないために。天皇制を存続させるために、決議を。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 勉強軽視の風潮、「ベネッセの国際比較調査」より | トップページ | 何時巻き込まれるか判らない冤罪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勉強軽視の風潮、「ベネッセの国際比較調査」より | トップページ | 何時巻き込まれるか判らない冤罪 »