« 月周回衛星「かぐや」観測軌道に投入成功。日本の研究開発体制は? | トップページ | 厚生労働省薬害C型肝炎訴訟で「投与」事実を認める方針 »

2007年10月22日 (月)

中国を笑えますか。食品の賞味期限改竄や回収品再利用、異種混入など多発日本。

10月22日には「比内鶏」の賞味期限の改竄ですね。「比内鶏」の鶏肉偽装は少し前に発覚していました。今回も匿名の通報のようです。
いくつ出てきたのかな。それも有名企業が含まれていますね。そして、20年とか30年続けていたとか。
「赤福」は2007年1月に不二屋での賞味期限偽装発覚で資料の一部を廃棄したとか。また、この時、売れ残りの餡の販売は止めたとか。こちら的には「発覚」を恐れたためでしょうね。
発覚すると会社を潰す恐れがあるのに、どうして偽装などを続けるのでしょう。雪印は解体ですね。不二屋は山崎製パンの下に入りましたね。
慣れによる驕りと金儲け第一主義、これで中国の食の問題を笑えますか。どちらもどちらという状況になっているのかもしれませんね。真面目に事業をしている企業や生産者は嘆いているでしょうね。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 月周回衛星「かぐや」観測軌道に投入成功。日本の研究開発体制は? | トップページ | 厚生労働省薬害C型肝炎訴訟で「投与」事実を認める方針 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月周回衛星「かぐや」観測軌道に投入成功。日本の研究開発体制は? | トップページ | 厚生労働省薬害C型肝炎訴訟で「投与」事実を認める方針 »