« アメリカも漸く温暖化対策へ | トップページ | 福田新総裁、閣僚人事はどうするのでしょうか »

2007年9月23日 (日)

自由民主党総裁に福田康夫氏が第22代総裁に

9月23日に行われた自由民主党の両院議員総会において、総裁選の投票、並びに開票が行われて、福田氏330票、麻生氏197票で、福田氏が選ばれました。
立候補受付時点で福田氏の優勢が伝えられていましたね。それでも、麻生氏が立候補しました。もし、麻生氏の立候補がなければ「密室政治」とかいわれかねませんから、麻生氏の存在意義は大きいと思います。
この選挙、安部前総裁の突然の辞任表明を受けて行われることになった選挙ですね。その辞任の大きな要因が「参議院選大敗」ですね。
「参議院選大敗」の大きな要因の一つが「年金問題」だと思います。この「年金問題」をどう処理するかが、次の衆議院選挙の行方を左右すると思います。完全な問題解決はもう無理でしょうね。
帝国陸海軍の軍事官僚が日本を潰しました。今、行政機構が怠慢によって国民生活を根底から揺さぶっています。これに福田新総裁がどう対応していくかによって、次の選挙の投票先を決めたいと思います。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« アメリカも漸く温暖化対策へ | トップページ | 福田新総裁、閣僚人事はどうするのでしょうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アメリカも漸く温暖化対策へ | トップページ | 福田新総裁、閣僚人事はどうするのでしょうか »