« 時津風部屋でのしごき?事件で思うこと | トップページ | ミャンマーでの邦人死亡、至近距離からの射殺か »

2007年9月27日 (木)

国立大学で初の美容外科を神戸大学が開設へ

9月27日に朝日新聞のサイトで見つけました。見出しは「神戸大が美容外科開設、国立大学で初 専門医養成へ」です。
今の保険診療による外科が悪くいうと「修復」かな。災害時でも「復興」と「復旧」では違いますね。外科が長らく「復旧」的な治療ですね。それに保険診療では閉じこめられていた。
今回も「自由診療」対象になりますが、加齢によるしわやたるみ対策などを主とするということです。町の「美容整形」とは、違うということです。
歳を取るとしわやたるみなどがでてきますね。それが酷いと外出等を控えたりして閉じこもりがちになることも。このようなことを容姿に自信を取り戻させることで、生活や心の張りをが戻ればということだそうです。
大学病院であるので若手医師の研修の場としての役割を持たせるようです。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 時津風部屋でのしごき?事件で思うこと | トップページ | ミャンマーでの邦人死亡、至近距離からの射殺か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時津風部屋でのしごき?事件で思うこと | トップページ | ミャンマーでの邦人死亡、至近距離からの射殺か »