« 大学の国際化。「学術交流強化へ 日印学長会議」 | トップページ | 消えた年金、企業未納は税で穴埋め 従業員救済を優先 »

2007年8月23日 (木)

「ポスト京都」枠組み作り、日本とインドが参加確認・首脳会談

8月23日に日本経済新聞のサイトで見つけた記事の見出しです。
インドは発展途上で二酸化炭素の排出量が増えていますね。インドのシン首相は、このままアメリカみたいな無策であれば、経済に悪影響があり、環境にも良くないということがおわかりなのですね。
温暖化対策の一つが化石燃料の効率利用ですね。例えば、自動車ですと同じ燃料量でより長距離を走行できるようにすることですね。すると、輸送経費の削減にも繋がるということがおわかりなのです。
温暖化対策は経済力を強める効果もあるということにね。だから、ブッシュ大統領のおかげでアメリカの自動車企業がアップアップしているのですよ。
日本国内でも、廃棄物ゼロを達成した企業もありますね。経費と効果を比較すると「効果」の方が大きいとか。ようするに費用を上回る経費節減とか回収物価値があったということです。
環境対策というのは、経費がかかるだけという間違った考え方をなくしたいですね。
特に地球温暖化みたいなことは、後戻りができません。悪い方向に進んでしまった場合、最悪、人類滅亡です。お忘れなく。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 大学の国際化。「学術交流強化へ 日印学長会議」 | トップページ | 消えた年金、企業未納は税で穴埋め 従業員救済を優先 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大学の国際化。「学術交流強化へ 日印学長会議」 | トップページ | 消えた年金、企業未納は税で穴埋め 従業員救済を優先 »