« 自由民主党の中川幹事長、政治とカネに関して「説明できなければ入閣辞退を」と発言 | トップページ | 大学の国際化。「学術交流強化へ 日印学長会議」 »

2007年8月21日 (火)

航空機事故発生

8月20日に沖縄の那覇空港で中華航空(台湾のほう)のB-737型機が着陸後、燃料漏れを起こし、爆発炎上しましたね。
乗客乗員は、非常脱出装置をつかって、全員無事でした。はじめ、ニュースを見たとき、「165名全員無事」を間違って見てしまいます。なにせ、航空機事故は「全員死亡」が普通ですからね。この点に関しては、今回非常に運が良かったと思います。
飛行中には異常がなかったようですね。地上にいた他社の整備士からの連絡で機長等は事態がわかったというようです。
これが、飛行中に起こっていたら、「全員・・」でしたでしょうね。そして、墜落した場合は、どこにということで被害者がさらに増加知る可能性もあるのですね。今回は空港の敷地内で止まってからみたいなので、脱出もしやすかったようですね。90秒以内でできたみたいです。
事故原因の究明が待たれますね。
でも、航空機は空気より重たいですね。それが、空を飛んでいるのだから、なんらかの原因で落ちるときもありますね。離着陸の時に事故が起こりやすいともいわれています。
日本の場合、海上に造れたり、海側から離着陸できるときは、そうする方が良いのでは。朝の通勤電車に胴体着陸するようかことが、起こる前にね。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 自由民主党の中川幹事長、政治とカネに関して「説明できなければ入閣辞退を」と発言 | トップページ | 大学の国際化。「学術交流強化へ 日印学長会議」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自由民主党の中川幹事長、政治とカネに関して「説明できなければ入閣辞退を」と発言 | トップページ | 大学の国際化。「学術交流強化へ 日印学長会議」 »