« 教員人材獲得競争勃発 | トップページ | 赤城農水相、同じ領収書を添付して政治活動費を2重計上 »

2007年7月26日 (木)

ディズニーが映画での喫煙シーンを全面追放へ

7月26日に日本経済新聞のサイトのなかの「いきいき健康」で見つけました。
記事によると「ウォルト・ディズニーは25日、今後、同社が制作する映画の中に喫煙場面を一切登場させない方針を明らかにした。」ということです。
「全面禁煙」を打ち出したのアメリカ映画会社のなかで初めてだというのです。英断ですね。「子供は大人のマネをして育つ」ですからね。このことについては記事のなかでも触れられていて、「業界団体の米映画協会も5月、喫煙場面を暴力シーンや性描写と同等にみなし、不要な喫煙場面の目立つ作品については映画館への保護者同伴が必要な「R指定」とする方針を明らかにしている。」とのことです。
学校でも敷地内禁煙になってから、生徒の喫煙が減少しています。これは、教師という大人の行動を生徒がマネをしている例ですね。
それと、同じことが映画でもいえるのでは。そこでアメリカでは映画会社もその点を認識して取り組みを始めたということです。この取り組みが世界に広がることを望みます。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 教員人材獲得競争勃発 | トップページ | 赤城農水相、同じ領収書を添付して政治活動費を2重計上 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 教員人材獲得競争勃発 | トップページ | 赤城農水相、同じ領収書を添付して政治活動費を2重計上 »