« 厚生労働省令改定案で「求人での年齢制限禁止の例外項目を6項目に削減」へ | トップページ | 今年の梅雨、九州で凄いですね。 »

2007年7月12日 (木)

参議院選挙ですね。棄権は危険です。

7月12日に参議院選挙が公示されましたね。
選挙の度に思うことは、「政治を国民の方に向けさせるためには棄権をしないで投票を」ということかな。
時の政権党に不満の場合、野党のどれかに投票するだけでも効果がでてくると思うのです。
まあ、「一人ぐらい」投票しても「変わりない」と思っている人もいるようですが、全ての票は一人一票です。その積み重ねなのですね。
今、自由民主党が慌てふためいて「年金対策」を急いでいるのも「自民党離れ」を阻止しようとしているためでは。久間前防衛相の辞任劇も、赤城農林水産大臣の事務所経費の件で幕引きを急いでいるもね。
自由民主党が良いと思う人は自由民主党に、民主党が良いと思う人は民主党に、というように各政党や候補者に投票して、国民の意思を示す機会なのです。
棄権するということは「他の人の投票結果に従います」ということを消極的に表明していることと同じだと思います。
ただ、今の制度では「投票したくてもできない」有権者がいます。このようなことは迅速に解消してほしいです。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 厚生労働省令改定案で「求人での年齢制限禁止の例外項目を6項目に削減」へ | トップページ | 今年の梅雨、九州で凄いですね。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 厚生労働省令改定案で「求人での年齢制限禁止の例外項目を6項目に削減」へ | トップページ | 今年の梅雨、九州で凄いですね。 »